外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ エストニア

タリン旧市街の絶対見たい景色

タリンの旧市街の景色-その1

タリン旅行では、高台に上って眺めたい景色がた~くさんあるのですが、上の画像もその一つ。可愛らしい建物が密集した通り。この場所がどこにあるのか、グーグルアースで探すこと1時間。ようやく分かりました。



タリンの旧市街マップ

上のタリンマップをクリックして大きくして見てみてください。高台のからの場所を見下ろしたところでした。旧市街は山の手エリアと下町エリアがあって、ほとんどこの旧市街の中で過ごすことになります。

でも、ちょっとだけ旧市街を出て行くところもあります。通りや道の名前を憶えて迷わないように効率的に行動したいと思っていますが、果たして体力がもつかどうか心配なところです。


エストニアの黒パン muhu leib が楽しみ!

エストニアの黒パン muhu leib

黒パンが大好きな私ですが、タリンの至る所で手に入るし、レストランやカフェでも料理やスープには黒パンが添えてあるみたいです。

このmuhu leib(ムフ レイブ)という名の黒パンがとっても美味しくて有名らしいです。leibとは、エストニア語でライ麦パンのことで、muhuとは、エストニアにあるmuhu島という島の名だそうです。

黒パンと言えばドイツが有名ですが、ドイツの黒パンよりも酸味が弱くもっちりとしてかなり美味しいとのクチコミが多数なのでかなり期待できそう。タリン旅行の楽しみの一つになりそうです。


タリンの平均気温・・・当然リュブリャーナより寒い!

タリン年間平均気温

上の画像は、地球の歩き方の1ページ。わかってはいたけど、去年の同じ時期に行ったスロヴェニアのリュブリャーナより断然寒い。今年のタリンも去年のリュブリャーナも5月2日に入国。タリンの平均最高気温は14度くらいで、平均最低気温は5度。東京の3月上旬くらいみたい。



リュブリャーナ年間平均気温

リュブリャーナの平均最高気温が20度くらい、平均最低気温が10℃くらいだから、東京の4月上旬くらいだった。リュブリャーナは東京より1ヶ月遅れで、タリンは東京の2ヵ月遅れといった感じかな。

去年のリュブリャーナはスプリングコートと薄めのセーターで大丈夫だったけど、今回のタリンは、ダウンコートとちょっと厚めのセーター、あとマフラーや手袋も必要になるでしょう。とは言っても、現在(2月)の東京よりは温かいし、歩き回らなきゃいけないから調節可能な衣類を考えないといけないかな。


エストニアの国旗色のマカロン

エストニアの国旗
エストニアの国旗

エストニア国旗色のマカロン

エストニアの国旗色のマカロンがあるらしい?たまたまネットで見つけた画像なんだけど、本当にあるのか、現地に行けばどこかで手に入るのかな。もし売っていたら当然お土産に買ってこよ~。でも、ブルーっておいしそうに見えないな。


タリンで一番有名なレストラン「オルデハンザ」

タリンの有名レストラン オルデハンザ

タリン旅行で一番の楽しみは旧市街歩きだけど、やはり食もかなり楽しみ。タリン旧市街のほぼ中央に位置するオルデハンザというレストランはガイドブックに必ず載っている超有名なレストラン。地球の歩き方にも もちろん載っている。

店員さんの制服が古き中世のコスチュームだそう。中は蝋燭の灯りで食事をするという雰囲気満点で料理もクチコミを読む限り期待できそう。4travel.jpでは、タリンのレストランNo.1だった。ここは絶対はずせない。

今から、行きたいレストランやカフェがいっぱいで、スロヴェニアの時のようにホテルの部屋で夕食・・・なんてことはなさそうかな。あと2ヵ月と1週間。夕食3回と昼食2回、あと朝食3回。どこで食べるか絞っておかないとなー。