FC2ブログ

外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPティラナ・コトル旅行記 ≫ ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣

ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣

ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣1

一日ティラナ観光のランチは、予定通り地元の人や観光客にも人気のレストランOdaで食べました。通りから少し奥まった場所にありますが、分かり難い場所ではありません。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣2

真ん前の建物の壁にもOdaのオブジェが。何を意味するものなのかはわかりませんが、ここもOdaの敷地なのでしょう。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣3

思ったより狭い店内のようで、満席で入れなかったということがあるとブログで読んで知っていたので、少し時間を遅らせて行ったのですが、やはり店内は満席で、外の席ならOKだということで、外席で食べることにしました。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣6

ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣7

メニューを渡されましたが、食べたい料理はもう決まっていてスマホの画像を見せてオーダーしました。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣5

料理を待っている間に、店のオーナーらしき人が私のそばにやって来て、日本人だと分かると、この入口の写真は10年前日本人の女性が撮ってくれて今でもこのまま貼ってあるんだ!と嬉しそうに話してくれました。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣4

tripadvisor の2015年winnerとなっている優秀証明書が壁にかけてあり、この店の人気度が伺えます。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣8

取り敢えず、レモン味のファンタを頼みました。冷たくてスッキリした甘さで美味しかった。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣9

さて、まずスープが運ばれてきました。スープはこの1種類だけです。他の方のブログを見て美味しそうだったので絶対このスープはオーダーしようと思っていました。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣10

メニューには soup with vegetables and rice となっていますが、これお米?って思う何か違うもののような感じですが、やさしい味で、これがまた美味しいです。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣11

パンが運ばれてきました。これ、これ、このパンが楽しみにしていたパンです。見た目がカステラのようなパン。思った通り美味しいです。小麦が違うのか焼き方がちがうのか、素朴なんだけど味わい深いパンです。スープと良く合って、これだけでも満足です。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣12

そして、サラダ。トマト・きゅうり・パプリカ・タマネギだけのシンプルなサラダです。ドレッシングなどの調味料は一切ありません。このサラダが思いのほか多いので、私と同じ店内で食べることが出来なかったデンマーク人とオーストラリア人の二人の男性に少しおすそ分けしました。

お二人は同じホステルに泊まっていて、今日知り合ったばかりだと言っていました。ホステルに泊まるとそういった交流もあるんですね。でも、私はあくまで Solo-traveler です。行動も街歩きも一人がいいです。気楽で。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣13

更に、メインのパプリカのピラフ詰め。もうこの時点でお腹がいっぱいです。でも、せっかくのメインだから残さず食べましょう。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣14

でも、このパプリカのピラフ詰めは、はっきり言って、あまり美味しくありませんでした。オレガノ風味の味付けは良かったのですが、外側のパプリカはプニュプニュで中のピラフも柔らかすぎでした。パプリカは少しシャキシャキ感が欲しかったし、ピラフもごはんのパラパラ感が欲しかった。残念!



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣15

ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣17

お腹も満たされ、トイレも済ませ、会計も終わらせてから、せっかく来たので店内の写真を撮りたいとお願いすると、快く応じてくれたので撮りましたが、2つある食事をする部屋は他のお客さんが居て満席なのでさすがに撮ることはできませんでした。



ティラナで人気のレストランOdaでランチ❣16

入口を入ってすぐのところが厨房になっています。もしまたアルバニアに来ることがあったら、あのスープとパンは食べたいかな。あとはせっかくなので少しラム肉も・・・


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL