外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスペイン ≫ スペイン伝統の焼き菓子ポルボロンを食べてみました

スペイン伝統の焼き菓子ポルボロンを食べてみました

スペイン製ポルボロン1

スペイン製ポルボロン2

スペイン製ポルボロン3

スペイン製ポルボロン4

このポルボロンという名前のお菓子が、日本でも意外にポピュラーな食べ物だということを知りませんでした。クックパッドにも何種類かのレシピが載っています。ポルボロンは、ほろっと崩れる独特な食感が特徴です。スペインでは自宅で手作りするより、修道院やお菓子屋さんで買ってくるほうが多いようです。

基本的な材料は、小麦粉(薄力粉)、砂糖、卵、植物油またはマーガリン。今回購入したスペイン製のものには、シナモンも加わっています。小麦粉をフライパンで5分~10分くらい煎って、植物油やマーガリンを加え、ふるいに入れヘラでこしてから30分ほど寝かせて生地を作るそうです。この手間が、ほろっとした食感になるみたいです。

日本で売られているポルボロンは、見た目がきれいです。今回購入したスペイン土産は日本のそれとは違います。でもなぜかスペイン製ポルボロンのほうが素朴で飽きがこない気がして好きです。日本人にとっては雑な作りのように見えるスペイン土産のポルボロンですが、薄めに効かせたシナモンと素朴な見た目が、遠いスペインを感じさせる気がします。

このスペイン製のポルボロンは、個包装になっているものの、6枚入りのうち1枚も割れていないものはありませんでした。なので、割れた状態での画像となってしまいました。残念です。おいしかったのでリピートして、割れていない状態での画像をアップしたいです。

ちなみに、スペインのポルボロン、アンダルシア地方のお祝い用の幸せを招く伝統のお菓子だそうです。口に入れて溶けないうちに、「ポルボロン」と3回唱えて食べると、幸せが訪れると言われているそうですよ。是非、お試しください。意外とおススメです。


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL