FC2ブログ

外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2019年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年05月
ARCHIVE ≫ 2019年05月

ティラナからコトルまでのバスチケット

ティラナからコトルへのバスチケットが買えるHP

ここのところ、7月の旅行の話題ばかりで・・・今はそのことで頭がいっぱいです。しばらくこの話題がつづきますが、すみません、お付き合いください。
ティラナからコトルまでのバスがあるバスターミナルは分かったのだけど、どうやってどこで買ったらいいか調べていたら、OSUMI Travel Agency という旅行会社があってそこで買えると分かった。オンラインでも買えるということも同時に分かった。



ティラナからコトルへのバスチケットが買えるHP2
上のピンクの矢印の部分を拡大したけど、あまりよく見えませんね。

そのHPに『重要なお知らせ!』が載っていて、読んでみるとざっとこんなことです。「地元の詐欺グループにより旅行者をだますという報告が増えている。チケットは、公式のバスラインであるオンラインOSUMI Travel Agent のオフィス、またはOld Town Travel Bus で買ってください。そのほか全ては不当な料金で時間のかかる詐欺です。」とある。



ティラナからコトルへのバスチケットが買えるHP3

ティラナからもコトルからも毎朝8時発の1日1便なんです。8時に出発して午後2時着。帰りはやはり8時に出発して、なぜか午後1時50分着。6時間だけど、途中で国境を超えるのでパスポートコントロールで時間がかかる可能性があり、遅くなるかもしれません。

今オンラインで購入するか、それともティラナの Osumi Travel Agent で買うか・・・7月~8月は西側ヨーロッパの人たちがバケーションで結構モンテネグロに来るらしいからチケットが売り切れたら大変だから、オンラインで素早くチケットを手に入れておくか。

でもでも、オンラインで買っておけば安心と思いきや、当日定員に達したら発車しちゃうらしいという噂?もあるし。8時発だけどもっと早く行っていればいいんだろうな。出たとこ勝負って感じの旅になりそう。それはそれでいいかもしれないなー。思い出になるし。でもやっぱヤダ~


関連記事

モンテネグロの国旗ステッカーを買いました!

モンテネグロの国旗ステッカー

アルバニアだけの旅行のつもりが、今回はモンテネグロのコトルへも行くことになりました。そして、またまたメルカリでモンテネグロの品を探してしまって・・・ 行けばいくらでも色んなお土産が買えるのに。

ついつい行く前から何かが欲しくなってしまうバカな私。アルバニアの空港のステッカーもすでにスーツケースに貼ってあるし。これもまた、行く前に貼ろうと思います。


アルバニアの国旗です
アルバニアの国旗

モンテネグロの国旗です
モンテネグロの国旗


モンテネグロの国旗も赤地に双頭の鷲がモチーフになってるんですね。アルバニアとはちょっとデザインが違いますけど、隣の国同士って似た国旗の場合がありますね。韓国と日本もそうですし。

モンテネグロの国旗は横と縦の比率がちょっと違うんですね。横長になってます。モンテネグロのほうが重厚感があって好きだな。


モンテネグロ コトル:絶景への道のり

コトルの城塞までの城壁

健康診断の結果が思いのほか心配で2週間後に精密検査をしてもらった結果、今度は全ての項目において標準値内でした。たった2週間食事に気を付けただけで正常に戻るとは、よっぽどお菓子とパンの多い食事だったことが分かり反省しました。

この2週間のあいだの食生活を今後も続けて、健康体で今回の旅行に臨みたいと思いますし、安心して行けることが分かりホッとしています。油断は禁物ですが、キャンセルすることになるかもしれないと思っていたので、かなり嬉しいです。旅行は体力勝負ですからね。

で、今回はモンテネグロ コトルの旧市街とコトル湾の織り成す絶景を見るためには、かなりハードな道のりをクリアしないといけないらしいのです。1000段を超える曲がりくねった階段を上らないと・・・です。エストニア(タリン)で一番高い教会の、たしか258段でさえ、厳しかったのに。

でも今回は、健康診断の悪い結果から、毎日歩く距離を増やしたり、食事療法(自分なりの)をしたおかげで体重も落ちましたし、パンツが1サイズ小さくなったり、シャツなどもゆるくなりました。ほんの少し体も軽いです。だから、1000段に挑戦しますよ。



城塞の頂上からの旧市街とコトル湾の絶景

この絶景を見るために。この画像は1000段のトップからではないですようで、多分もっとコトル湾が一望できる絶景だと思います。だから、曲がりくねった険しい1000段を時間がかかっても制覇できるように、あと1ヶ月半ちょっとのあいだで鍛えなくっちゃ。


関連記事

イタリア製 Buon Forno 社のグリッシーニ

イタリア製 Buon Forno のグリッシーニ1

健康診断の結果により糖分を控えている私ですが、やはり外国製のお菓子は食べた~い。これなら多少 糖分を抑えられると思って購入したのがグリッシーニです。




イタリア製 Buon Forno のグリッシーニ2

イタリア製 Buon Forno のグリッシーニ3

グリッシーニとは、クラッカーのような食感のスティック状の細長いパンのことだそうです。イタリアのレストランでは卓上パンの1つとしてカゴに盛られ提供されているそうです。

素朴な素朴なクラッカーという感じで、パンという感じではないです。でも、素朴な味に慣れると健康になれるような気がします。なんてね。でも、これはこれで美味しいですよ。


関連記事

カナダの Dare 社のフォンダンショコラクッキー

カナダ デア社のフォンダンショコラクッキー1

カナダ製のメープルクリームをサンドしたメープルリーフ型のクッキーで有名な Dare というメーカーのフォンダンショコラクッキーです。見るからに美味しそーなんで、やっぱり即購入です。またまた金曜日の仕事帰りにジュピターです。



カナダ デア社のフォンダンショコラクッキー2

15個入り。日本製のように5個ずつ個包装になっていると助かるんですけど、やっぱり外国製は過剰包装しませんね。環境にはいいことなんですけど、湿気ないようにラップしたりして保存しないといけないんでちょっと面倒だと思ってしまう日本人の悪い癖。



カナダ デア社のフォンダンショコラクッキー3

箱のイラストとほとんど変わらない素晴らしい品質、カナダ製恐るべし。菊のご紋を思わせるデザイン。



カナダ デア社のフォンダンショコラクッキー4

中のクリームはしつこい甘さではなくてもちろん美味しいですが、クッキーも香ばしくてかなりの高得点です。あ~、こんなに美味しいのに思う存分食べることができないんです。

実は、今回の健康診断の結果、血糖値がほんの少し高かったので、糖分を控えなくてはいけなくなりました。その他の結果は正常だったのですが。やはり、お菓子やパンが好きで食べ過ぎた結果でしょう。アルバニア・モンテネグロ旅行も控えているので、しばらくは糖分を抑えた食生活をしないと・・・トホホ


関連記事