外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2018年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年03月
ARCHIVE ≫ 2018年03月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

上空からのタリン旧市街

上空からのタリン旧市街
結構大きい画像なので、クリックして見てみてくださいね。

この上空からのタリン旧市街は周辺の景色が少し切れてしまっていますが、ほとんどこんな感じで1日あれば主なところは廻れると言われています。菱形の枠の部分が、今回泊まるホテルのあるあたりです。

実は今回のタリン旅行で、もしかしたら、気球にのるかもしれません! あくまで予定ですが、チャレンジしてみようかと検討中です。気球に乗ればこんな景色が見えるんだろうなあ~と考えたら乗りたくてたまらなくなりました。


関連記事

タリンの城壁

タリンの城壁

タリン旅行が刻々と近づいてくると、なんだか仕事が手につかない時がある。去年のスロヴェニア旅行の時は、初めてのヨーロッパ一人旅だったのに、あまりそんなことはなかった。今ではスロヴェニアのことはすっかり忘れて、タリンのことで頭がいっぱい。たったの3泊5日の旅なのに。

なぜか・・・エストニアの首都タリンは、スロヴェニアとは比べものにならないくらい見どころや楽しみ(買い物や食事)があり、景色があまりにも素敵だからかも。もちろんスロヴェニアもそれなりに長閑で良かったけれど、ちょっとレベルが違いすぎるように思う。

タリンの旧市街は城壁で囲まれた街。バルト三国のうちの一つの国。他のラトヴィアやリトアニアよりも旧市街、とりわけ城壁の保存状態が良いとのこと。

私が泊まるホテル エコノミーからほど近くにある上の画像が、タリンの城壁の中で最も保存状態が良いんだそう。城壁と城壁の間の砲台と呼ばれるオレンジの屋根を持つ円錐形の建物は、まるでおとぎの国、ムーミンの世界のよう。

とにかく、3泊5日といっても正味2日半の滞在だから、食事をするレストランや休憩するカフェ、それにお土産を買うところなど全て決めて効率よくタリンの旧市街を回るつもり。でも、スロヴェニア旅行のように予定変更も大ありかも。行ってみないとわからないからね。


関連記事

イタリア製のソーセージ モルタデッラ

イタリア製ソーセージ モルタデッラ

レンガで作った特製のオーブンでじっくり焼き上げた北イタリアの伝統的なソーセージ モルタデラ とパッケージには日本語で書いてありますが、正確にはイタリア語でモルタデッラというらしいです。ボロニアソーセージの一種のようです。

いつも帰宅時によるイオンで生ハムを買おうとしたら、その隣にこのハム?ソーセージ?が並べられていたので、興味津々、つい衝動買いをしました。白い部分が多分脂肪だろうから、カロリー高いだろうと思いましたが、お腹が空いているとつい・・・



イタリア製ソーセージ モルタデッラ2

直径17、8センチくらいの大き目なソーセージです。サラダに添えたり、野菜を巻いて食べてもいいかも。



イタリア製ソーセージ モルタデッラ3

とりあえず私は、パンに挟んで朝食にしました。思ったよりしょっぱくはなく、油っぽくもなく、普通に美味しいソーセージでした。チーズとも相性が良いと思います。でも、あまり高級な感じはしないかもしれません。


関連記事

タリン旧市街の絶対見たい景色

タリンの旧市街の景色-その1

タリン旅行では、高台に上って眺めたい景色がた~くさんあるのですが、上の画像もその一つ。可愛らしい建物が密集した通り。この場所がどこにあるのか、グーグルアースで探すこと1時間。ようやく分かりました。



タリンの旧市街マップ

上のタリンマップをクリックして大きくして見てみてください。高台のからの場所を見下ろしたところでした。旧市街は山の手エリアと下町エリアがあって、ほとんどこの旧市街の中で過ごすことになります。

でも、ちょっとだけ旧市街を出て行くところもあります。通りや道の名前を憶えて迷わないように効率的に行動したいと思っていますが、果たして体力がもつかどうか心配なところです。


関連記事

トルコ製エリット社ロイヤルアベニューブランドのストーンチョコレート

トルコ製ロイヤルアベニュー社のストーンチョコレート1

以前にもトルコ製エリット社のロイヤルアベニューブランドのチョコを紹介しましたが、今回は同じロイヤルアベニューブランドのストーンチョコです。ストーンチョコレートというと、カラフルなイメージですが、このトルコ製エリット社のロイヤルアベニューブランドのものは落ち着いた色合いです。




トルコ製ロイヤルアベニュー社ストーンチョコレート2

使われている色素もやはり、ウコン、カラメル、炭末、コチニールなどの落ち着いた色合いのものを使用しています。予想通り、色によって味の違いはなく、中身は美味しいミルクチョコレートでした。ロイヤルアベニューブランドの他の商品も色々試してみたいな。


関連記事