外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年07月

ギリシャ製ヨーホーワッフル ストロベリージャムサンドをリピート

ギリシャ ヨーホーワッフルをリピート1

先日、職場近くで行きつけの外国製お菓子の豊富なお店で1つだけ買った、ギリシャ製のイチゴジャムがサンドされたふわふわなワッフルがもう一度食べたくて、今回は3つ購入しました。



ギリシャ ヨーホーワッフルをリピート2

ギリシャ ヨーホーワッフルをリピート3

甘酸っぱいイチゴジャムとふわふわなワッフルの相性が良くてちょっと病みつきぎみです。今日のお昼ご飯は、このギリシャ製のワッフル2個とハーブティーで済ませました。ギリシャってイメージが沸きませんが、美味しいお菓子です。


関連記事

Janat のジンジャービスケット

スリランカ janat ジンジャークッキー1

Janat(ジャナッツ)と言えば、猫のマークで知られているフランスの紅茶ブランドですが、このジャナッツのジンジャービスケットは、Janat の紅茶に合うように作られたジンジャーがたっぷり入っているビスケットです。ちなみに原産国は紅茶の茶葉と同じスリランカです。



スリランカ janat ジンジャークッキー2

これでもかと思われるほど生姜がたっぷり入っていて、かなり辛いです。辛い物が苦手な私には一枚でギブです。説明書きには、辛さの後にほんのり甘みが・・・とありますが、甘みを感じる余裕もないほど生姜が濃厚に感じられます。カルディーコーヒーファームで売ってますので、よかったら試してみてください。


関連記事

スリランカのサンシャインティー社のハーブティーセレクション

スリランカ ゼスタ社のハーブティーセレクション1

紅茶の産地と言えばスリランカを思い浮かべますが、このゼスタというブランドのハーブティーセレクションは、原産国がドイツや南アフリカで、スリランカのサンシャインティー社でパックされ、ゼスタというブランド名で製品化されています。



スリランカ ゼスタ社のハーブティーセレクション2

4種類のハーブティー、厳選されたノーミックスの単独フレイバーです。



スリランカ ゼスタ社のハーブティーセレクション3

ハニーブッシュ。ハチミツ由来のかすかな甘みが特徴の飲みやすい雑味のないフレイバーです。初めてのフレーバーですが、リピートもありな飲みやすさです。



スリランカ ゼスタ社のハーブティーセレクション4

カモミール。いたって普通のカモミールフレイバーです。



スリランカ ゼスタ社のハーブティーセレクション5

ペパーミント。私はペパーミント自体は嫌いではないのですが、ミント系のフレイバーは好きではないので、今回初めてトライしてみましたが、はやりちょっと苦手でした。でも、匂いのきつい食事のあとはサッパリするかもしれないと思います。



スリランカ ゼスタ社のハーブティーセレクション6

ローズヒップ。以前ポンパドールのローズヒップティーを飲んだ時は、あまりの酸っぱさとどぎつい色に、ローズヒップ単体のフレーバーは苦手でしたが、こちらのローズヒップは酸味が強くなく、自然な色味で美味しいです。ローズヒップに対する苦手感がなくなりました。


関連記事

タリンガイド(英語版)をヤフオクで落札しました

タリンガイド(英語版)1

スロヴェニア旅行から、ヨーロッパの旧市街の魅力にはまった私です。今一番興味のあるヨーロッパの旧市街はエストニアの首都タリンの旧市街です。バルト三国(リトアニア、ラトヴィア、エストニア)の首都にある旧市街は皆それぞれユネスコ世界遺産に登録されていますが、中でもエストニアのタリンはおとぎの国そのもの。



タリンガイド(英語版)2

今回も 4travel.jp の旅行記ブログを読んで刺激を受けてしまったのでした。旅行本を買うほどの気にはまだなれませんが、ちょっと気になってはいるので、ヤフオクで見つけたタリンガイドを落札しましたが、数ページの冊子で、しかも英語版なので現在ちょっとずつ訳しながら読んでいます。内容はタリンの歴史と見どころが主なので、勉強にはなりますが実際に行くとなれば、旅行本が必要です。私にとっては。


関連記事

ギリシャ ボレロ社製のバニラウェハースティック

ギリシャ製ボレロ社のウェハースティック1

ちょっと大きく見えますが、直径6.5センチ、高さ11センチで缶コーヒーより少し大きくしたくらいです。缶入りのお菓子を見るとつい買いたくなる私です。先日、ギリシャ製のワッフルストロベリージャムサンドを紹介しましたが、こちらもギリシャ製です。BOLERO 社というメーカー(HPはこちら)のものです。



ギリシャ製ボレロ社のウェハースティック2

缶の内側には、直接お菓子が缶に触れないように波型のペーパーで保護されています。プラスチック製の蓋の下にもアルミ製の蓋があり、ダブルの蓋で衛生的です。ギリシャ製をバカにしてました。



ギリシャ製ボレロ社のウェハースティック3

クリスピーなウェハースの中にバニラペーストが入ってます。バニラペーストの味が少し濃いめなので、コーヒーよりも紅茶かハーブティーのほうが合うかな。日本のお菓子の味とほとんど変わりません。缶に入っているだけで何か特別美味しいお菓子のような気になってしまいますよね?


関連記事