FC2ブログ

外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2016年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年11月

外国製のマグカップ10個になりました!

外国製マグカップ

このブログを始めてから、そろそろ8ヵ月が経ちます。その間にお気に入りのマグカップが10個集まりました。マグカップが好きな私としては本当はもっといろんな国のものが欲しいのですが、狭いマンション暮らしで場所をとるので、ひとまずは10個でお休みしたいと思います。

そこで、いままで集めた10個の外国製マグカップをひとまとめにして写真を撮ってみました。ちょっと乱暴な撮り方になってしまったので、一つずつ再度紹介させていただきました。



ポーリッシュポテリー1
ポーランド製、丸みと手書きのペイントが特徴の通称ポーリッシュ・ポタリー。



ベトナムのバッチャン焼きマグカップ1
長い間探していたベトナムのバッチャン焼きマグカップ。柄はちと雑だけど、かわいい。



ブルガリヤ陶器 トロヤン焼2
スポイトで模様付けをするブルガリアの陶器トロヤン焼きマグカップ。



タイの陶器セラドン焼きマグカップ2
表面のヒビが特徴のタイの陶器セラドン焼きマグカップ。きれいですよ。


トルコ製カーネーション柄のマグカップ1
カーネーション柄が素敵なトルコ製のマグカップ。驚くほど軽いです。



ドイツ製ビレロイ&ボッホ社のスイッチ3コスタマグカップ1
雅子様のお嫁入り道具の一つでもあるドイツ製ピレロイ&ボッホ社のスイッチ3コスタマグカップ



チェコスロバキア時代のカールスバード ブルーオニオン トールマグカップ1
チェコのカールスバード、ブルーオニオントールマグカップは私のお気に入りタイプ



ポルトガル製 VISTA ALEGRE 社のアジュール マグカップ1
ポルトガルっぽくない、ポルトガル製のVISTA ALEGRE社のアジュールマグカップ



タイ製の青白陶器2
タイのレストランやホテルで一般的な青白陶器のマグカップ、これも私の好きなタイプです。



ハンガリー製カロチャ刺繍柄のマグカップ1
ハンガリーのカロチャ刺繍の図案を手書きしたハンガリー製マグカップ、レトロな感じが素敵


今後、またしばらくしたら、またマグカップを集めたくなるかもしれませんが、今しばらくは以上の10個を眺めながら満足したいと思っています。


関連記事

スロヴェニア ピランのハーブ塩を買ってきました♡

東京にあるスロヴェニア ピランの塩のお店5

先日、ランチを兼ねて、国会議事堂のある永田町にある PIRANSKE SOLINE というスロヴェニアの塩を販売しているお店に行ってきました。地下鉄の永田町駅のA4出口を出たすぐ目の前にある塩崎ビルの地下にあります。

買いに来る人は、おそらくレストランのシェフとか料理関係の仕事をしている方がほとんどではないかと思われます。同じ階にあるワイン専門店の方に連絡をとってもらってお店に入ることができました。シンプルなセンスの良い店内です。



東京にあるスロヴェニア ピランの塩のお店1

東京にあるスロヴェニア ピランの塩のお店2

塩を挽く木製のミルのようなものや、同じく木製の塩の保存容器なども販売されていました。すべてスロヴェニアから直輸入したものばかりでした。スロヴェニアのピランにあるお店は、塩以外に、私が以前何度か購入した塩チョコや、石けんやローション、それに文房具も販売しているそうですが・・・・・



東京にあるスロヴェニア ピランの塩のお店4

東京にあるスロヴェニア ピランの塩のお店3

現在この東京のお店には、塩以外の商品がないとのことなので、3種(FOR FISH、FOR MEAT、MEDITERRANEAN)のハーブ塩を購入しました。まだ試していませんが、時々使っているスーパーで買うマジックソルトに香りが似ています。魚用・肉用ともう1つは何用でしょうか、今のところわかっていません。



東京にあるスロヴェニア ピランの塩のお店6

店員さんとスロヴェニアのことをいろいろと語って、ますます行きたくなってしまいました。そして、お店にあるスロヴェニア関係のパンフレットやマップまでいただいてきました。来年になるか再来年になるかまだ分かりませんが、必ず一度はスロヴェニアに行きたいです。


関連記事

ドイツ バールセン社のミニーズシリーズ2品ご紹介

ドイツのバールセン社ミニスナック2

バールセン社と言えば、ドイツの有名なお菓子メーカーで知られています。けっこうスーパーやコンビニなどでもバールセンのお菓子を見かけることが多くなりました。私が時々行く輸入菓子店には、必ず何かしらのバールセン社のお菓子がいつも置いてあります。上の写真は、ミニシリーズのオリジナルワッフルです。



ドイツのバールセン社ミニスナック5

ドイツのバールセン社ミニスナック6

くるんと筒状に巻かれた薄くクリスピーなワッフルのプレーン味です。サクサクとした歯触りで、懐かしい素朴な味がします。ミニサイズなので飽きることなく一袋食べちゃいます。



ドイツのバールセン社ミニスナック1

こちらは、バールセン社のお菓子の中でも更によく知られているライプニッツというブランドです。このLEIBNIZという名前を目にしたがある人も多いのではないでしょうか。



ドイツのバールセン社ミニスナック3

ドイツのバールセン社ミニスナック4

一口サイズのシンプルで可愛いビスケットの裏にミルクチョコが塗ってあるライプニッツミニーズチョコです。このミニシリーズは、会社や学校に、おやつとして持っていくにはちょうど良いサイズです。バッグにちょこんと入れられて便利です。

バールセン社は、日本でいえばロッテや森永といった国民的なお菓子メーカーですが、どれも一昔前の昭和のシンプルな味がします。それ故に飽きの来ない味と言ったらいいのでしょうか。今の日本のお菓子があまりにも種類が豊富で、美味しいお菓子が多いからでしょうか。



関連記事

スロヴェニア産パンプキンシードオイル初体験

スロヴェニア製パンプキンシードオイル1

スロヴェニアのGEA社製のパンプキンシードオイルを購入しました。オリーブオイル以外の外国製のオイルを試すのは初めてです。美容や健康に良いとされるオメガ3・オメガ6や、ビタミンEが豊富に含まれている食用オイルです。



ペポカボチャ

ハロウィンのジャックランタンに用いられているペポカボチャの種を圧縮して作られています。ペポカボチャ8個分のローストされた700gの種を100%使用してこの一瓶ができています。



スロヴェニア製パンプキンシードオイル3

食べ方は、サラダ用のドレッシングとして、マリネ用のオイルとして、お豆腐にかけて、また、バニラアイスにかけると、アイスがさらに濃厚になってとってもおいしいです。まさかと思っていましたが、これはほんとに美味しいです。



スロヴェニア製パンプキンシードオイル2

パンにオリーブオイルをつけて食べる方もいると思いますが、このパンプキンシードオイルもパンにとても合います。深緑色の油で芳醇な香り、ほんのり甘くてコクのある風味が素材を引き立てます。

スロヴェニアはペポカボチャの有名な産地でもあるので、このパンプキンシードオイルがスロヴェニアの名産になって世界で有名になるように力を入れているそうです。日本でも、パンプキンシードオイルならスロヴェニア製が一番となればいいな。


関連記事

マルタ共和国のトマトペースト クンセルバ

マルタ島のトマトペースト

イタリアの南のシチリア島の更に南に位置する、小さい国マルタ共和国。地中海に位置する温暖な気候の治安のよい国だそうです。そのマルタ共和国のブランド THREE HILLS のチューブタイプのトマトペーストです。チューブと言っても、一昔前の日本の金属製の歯磨きチューブみたいなので、最後まで絞るのに結構苦労します。甘くておいしいですが。



マルタ島のトマトペースト2

Magro Brothers という企業が作っている製品のようです。間違いなくマルタ共和国のトマトペーストです。地中海の太陽をたっぷり浴びているからでしょうか、酸味はほとんどなく、甘~くておいしいです。



マルタ島のトマトペースト3

さっそく、オムライスを作って食べてみました。このチューブ1本は130gなんですが、家族三人分のオムライスを作るのに、1本まるまる使ってしまいました。ピザトーストやトマト煮込み料理に使おうと思ったのですが足りませんでした。



マルタ島のトマトペースト4

でも、オムライスの味は最高でした。1本130gで405円なので、と~っても割高です。オムライスを作るには、日本のケチャップじゃないともったいないです。こんどは、ピザトーストを食べるときにまたリピートしたいと思いました。