外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月

フランス Chocmod 社のマシュマロミルクチョコレート

フランス製マチュマロミルクチョコ1

成城石井で見つけたフランス製 ショクモッド社 のマシュマロミルクチョコレートです。時間つぶしにちょっと寄ったので、もっとじっくり見たかったのですが、このピンクのパッケージが可愛らしかったので購入しました。

いつも思うけれど、海外のお菓子メーカーのホームページって実に素敵です。間違いなくおいしいお菓子を扱っています!自信あります!って感じを醸し出していると思います。この ショクモッド社 さんのホームページもまさにそんな感じです。画像をふんだんに使って、視覚にうったえてきます。


フランス製マシュマロミルクチョコ2

このマシュマロミルクチョコレートは、マシュマロにミルクチョコレートが薄くコーティングされています。ミルクチョコレートの美味しさも格別ですが、中のマシュマロがかなりもっちもちで、とっても美味しいです。日本人は比較的もちもち感を好きな人が多いので、人気がありそうな品だと思います。しかし、中身が少ない割にちょっとお高めです。それでも、またリピートしたくなる美味しさだと感じました。


関連記事

スペイン Dulsa.es 社のカフェラテキャンディー

スペイン製カフェラテキャンディー1

スペイン製カフェラテキャンディー2

スペインのキャンディーメーカー Dulsa.es社 のカフェラテキャンディー。牛乳を煮詰めエスプレッソを加えたコクのあるカフェラテキャンディーとありますが、普通のコーヒーキャンディーって感じです。あまりコーヒーが濃くないほうが好きな人にはいいかも。私は濃厚なほうが好きなので、リピートはなしかな。袋にグルテンフリーって書いてありました。キャンディーにも一般的にはグルテンって入ってるんでしょうか。


関連記事

ニュージーランド製キウイフルーツのチョコレート

ニュージーランド製キウイチョコ1

ニュージーランド製キウイチョコ2

ニュージーランド製キウイチョコ3

甘く酸っぱいキウイフルーツのジャムが、ドーム型の甘いミルクチョコレートの中に入っている、ニュージーランド製のキウイフルーツチョコレートです。チョコの甘さとキウイフルーツジャムの甘酸っぱさが、飽きずにいくつも食べてしまいそう、あぶない、あぶないと思ってしまうほど、さっぱりしたチョコです。ニュージーランド土産には、もってこいの品ですよ。な~んてニュージーランドには行ったことはありませんが。


ブルガリアの陶器 トロヤン焼き 可愛くてエキゾチック

ブルガリヤ陶器 トロヤン焼1

先日ポーランドの陶器ポーリッシュポタリーを紹介しましたが、今回はポーランドと同じ東欧ブルガリアの陶器トロヤン焼きです。トロヤンは、130年以上の伝統があり、古くからトラキア人の時代からの伝統を持つブルガリアの「陶器の里」だそうです。そこで作られた独特の柄を持つ手作りの陶器です。


ブルガリヤ陶器 トロヤン焼4

ブルガリヤ陶器 トロヤン焼5

お皿やカップの一番外側を縁取るように描かれた模様は、ブルガリア語で「トロヤンスカ・カフカ」と言って、『トロヤンの雫』という意味だそうです。ろくろとスポイトを使って絵付けするそうですが、全てが手作りなので、全く同じものは二度とできないそうで、自分が手に取ったトロヤン陶器が世界に一つということになるのだそうです。


ブルガリヤ陶器 トロヤン焼6

お皿の裏には壁掛けにもできるように、紐を通す穴がついています。実際手にしてみると、けっこう厚みがあり、重さもけっこうあるので、壁掛けにしたほうがいいかもしれないと思いました。



ブルガリヤ陶器 トロヤン焼2

ブルガリヤ陶器 トロヤン焼3


しかしマグカップは、お皿より重さを感じず、形も可愛いのですっごく気に入りました。最近、このブルガリアのマグカップの他に、ベトナムのバッチャン焼きマグカップ、ポーランドのポーリッシュポタリーのマグカップと、3つも一気に増えたので、マグカップはこの辺でもう増やさないようないしないと、食器棚のスペースがなくなりそうです。でも、ほんとはもっともっと色んな国のものがほしいんだけど。


関連記事

マレーシア Beryl's のチョコレートを初めてたべました

マレーシアベリーズココナッツチョコ1

マレーシアベリーズココナッツチョコ2

マレーシア Beryl's 社のクッキーは今まで食べてきました。そのどれもが美味しくて、Beryl's 社のHPを見てみると、クッキーだけではなく、チョコレートが主力のお菓子メーカーでした。そして今回やっと Beryl's のチョコを見つけました。ココナッツチョコです。チョコも好きだし、ココナッツ味も好きなので、手元に届いたときは少し興奮気味でした。


マレーシアベリーズココナッツチョコ3

箱の大きさは、ロッテのアーモンドチョコレートとほぼ同じくらいです。しかし箱を開けると、きちんと容器に入っていて更にビニール袋に入っているので、中身の少なさにちょっとがっかり。だけど、日本より衛生的な包装に感激でもあります。


マレーシアベリーズココナッツチョコ4

そして、いよいよ初めて Beryl's のチョコを食べる瞬間が・・・美味しい! ミルクチョコレートのちょうどよい甘さと、カリッとしたココナッツの香ばしさの相性が Very Good ! です。あ~やっぱり期待どおり、 Beryl's はチョコもクッキーも美味しいお菓子メーカーだったんだ。今後も、他のいろいろな種類のチョコを手に入れて試そう!マレーシア最高!

と思っていたら、やはり・・・マレーシアは、お菓子天国だという記事をネットで見つけました。ここからチェックしてみてください。マレーシアの Beryl's 社というお菓子メーカーは、日本の大学を卒業したマレーシア人が1995年に設立した会社だったんです。だから、パッケージや製造方法が日本のメーカーをかなり参考にされているんですね。しかし、マレーシアは Beryl's だけではなく、他にもたくさんおいしいお菓子が国中に溢れているようです。


関連記事