外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月
ARCHIVE ≫ 2016年05月

ベトナムコーヒーを淹れて飲んでみました

ベトナムコーヒー1

ベトナムコーヒー2

ベトナムコーヒー3

ベトナムコーヒーを一度飲んでみたくて、ベトナムで一番ポピュラーなチュングエン社のコーヒー豆(粉)を購入しました。500g、250g×2個入りです。ベトナムコーヒーには専用のフィルターが必要なんだそうです。調べてみたら、アルミ製とスチール製の2種類があるとのこと。

アルミ製とスチール製の違いは、特別にはなく、スチール製のほうが長持ちするということだけのようです。価格もそんなに違いがないので、スチール製を選びました。

ベトナムコーヒー4

ベトナムコーヒー5

4つの部品になっていて、本体・フタ・中ブタ・本体を載せるフィルターです。使ってみないと、いまいちピンとこないので、さっそくベトナムコーヒーを淹れてみましょう。一般的に、先に練乳をカップに入れて準備をしておくのだそうです。そのままだとけっこう苦いそうで、練乳は必要不可欠なようです。ブラックコーヒー好きな私には、コーヒーに練乳を入れる気がしれませんが、とりあえず、その通りに入れてみます。

ベトナムコーヒー6
本体にコーヒースプーン2杯ほどのコーヒー、同じ量のお湯を入れて、30秒ほど蒸らします。

ベトナムコーヒー7
30秒経ったら、中ブタを入れて、その上から本体ぎりぎりまでお湯を注ぎます。

ベトナムコーヒー8
フタをし、練乳を入れたカップの上に本体を載せて、本体のコーヒーがポタポタ全て落ちるのを待って、出来上がりです。けっこう時間がかかります。

よ~くかき混ぜて、飲んでみました。濃~い、甘~い、ほろ苦~い、ベトナムの風を感じるような気がしました。ベトナムに行ったことは一度もありませんが。何度か淹れてみて、コーヒーの量、練乳の量を自分好みにできるようになれば、もっとおいしくいただけると思いました。今回は、初めてだったので、練乳がちょっと多すぎました。

コーヒー好きな方の中には、ハマっている方が多いとか。確かにクセになるおいしさです。アイスで飲んでもいいかもしれません。


関連記事

ポルトガル製パン焼きトースター

ポルトガル製トースター1

ギマランイスイホーザ (Guimaraes & Rosa)というポルトガルの金物キッチン器具メーカーのポルトガル伝統パン焼きトースター(ガスコンロ・ガス火用)です。25年以上前からのヒット商品で、地元では、多くの学生がこれを持っていて、学校に行く前に朝食のパンを焼くそうです。ガスでパンを焼くというのは面白い文化ですね。

日本では、オーブントースターで食パンを焼くお家が多いのではないでしょうか。しかし、このトースターを使ってガスでパンを焼くと、外はカリッと、中はもっちりと焼けるとのことです。オーブントースターだと、必要以上に水分がなくなってしまうそうです。


ポルトガル製トースター2


ポルトガル製トースター3


ポルトガル製トースター4
裏側にちゃんと MADE IN PORTUGAL と刻印してあります。間違いなくポルトガル製です。


さて、さっそく焼いてみます。おいしく焼けるでしょうか。


ポルトガル製トースター5
ガスに点火して約30秒でパンを載せます。

ポルトガル製トースター6
ころ合いを見てひっくり返します。ちょっと早すぎたかな。

ポルトガル製トースター7
裏を焼いている間に、バターを塗ればゆっくりと溶けて簡単に塗れますよ。

ほんとに、中はもっちりとして、外はカリッと、おいしいトーストが出来上がりました。思ったより早く焼けて、オーブントースターより早いかも。それに、ガスで焼くと、なんかリッチな感じで、いつもの朝食がグレードアップした感じがしました。おいしかった。ごちそうさまでした。購入してよかった。おススメです。ぜひ、お試しあれ~。




関連記事

『外国の品』を一部おすそ分けします

いつも、ブログ『外国の品が好き』をご覧いただきまして、ありがとうございます。管理人のモリっちです。記事中でご紹介した『外国の品』の一部をおすそ分けしたいと思います。(送料だけご負担ください)

私は、数十年ほど前から、外国製のインテリア用品をはじめ、お菓子や日用品などに興味があり、たくさん購入してきましたが、時がたつと興味や好みが変わってしまうもので、手元にあってもタンスの肥やしになってしまう『外国の品』たちに再度日の目を見せようと考えました。

そこで、このブログをご覧になって、欲しいという方がいらっしゃいましたら、そんな方々に是非お使いいただければと思います。お菓子や消耗品などは、もちろん、すでに手元にはありませんが、特に布類やタペストリー、装飾品は、これからも十分お使いいただける品だと思っています。

付きましては、下記の要領でご希望の方を募ります。

★お譲りできる品は、各記事の画像の右下にをお付けします。が❎に変わったら、すでにお譲りする方が決まった証です。
★すみませんが、たくさんの方におすそ分けしたいので、お一人一品だけお譲りしたいと思います。
★ご希望の品をお受け取りになられた場合、どのようにお使いになっていらっしゃるかが分かる画像をメールに添付送信してくださる方に限らせていただきます。後日、当ブログの記事に掲載させていただきたい為です。その際は、お住まいの都道府県とニックネームのみ掲載させて頂きます。
★品物が手元に届いてから、思い描いた物と違い、ご使用されたくない場合は、送料ご負担にて返送していただくと、別の方にお譲りできるので助かります。
★品物は、一部を除いてほとんど使用済みです。しかし、お譲りできるレベルだと考えています。
★送料だけご負担いただきたいと思っています。詳細はメールにてやり取りできる方に限ります。
★ご希望の方は、右サイドバーのメールフォームよりご連絡をください。
★当方は、会社員・主婦を兼業しています。メールの返信は、勝手ながら、遅くなる場合もありますので、ご容赦願います。もちろん、早めのご連絡を心がけております。
★スマホ・携帯でご覧の方で、サイドバーが見られない場合は、恐れ入りますが、PCビューにて再度ご覧いただけますようお願いします。
この『おすそ分け』に関して、知り得た互いのプライベートな情報は、第三者に漏えいの無い様、くれぐれも宜しくお願い致します。

『外国の品が好き』 管理人:モリっち

関連記事

イラン製テーブルランナー&クッションカバー

イラン テーブルランナー1

イラン テーブルランナー2

イラン テーブルランナー3

現在は熱が冷めましたが、7~8年くらい前までは、以前紹介したトルコ製飾り皿やトルコ製タイルの壁掛けなどのトルコ雑貨に夢中になっていました。

そのころ、ガラタバザールという、主にトルコのキリムや雑貨を扱うネットショップに度々お世話になっていました。このお店で、ある程度?の金額の品を購入すると、必ずほかに何か「おまけ」をつけてくれました。後日トルコ製のキリムを紹介させていただきますが、そのキリムを購入した時のおまけが、このイラン製のテーブルランナーでした。

何とも言えぬエスニックな柄が気に入って、いろいろ重宝しました。下駄箱の上に置いたり、インドネシア製イカットハンガーに掛けて壁に飾ったり。現在は、上の写真のようにチェストの上に置いて、その上に、お気に入りの各国の雑貨を置いてます。

こげ茶との相性が良いと感じていますが、どうでしょうか。このテーブルランナーの裏の、アラビア語のような表記が、イランで手作りされたという趣を醸し出しています。もちろんアラビア語は全く読めませんが、120cm×30cmというサイズはわかります。

そして、仕事で月に何度か、みずほ銀行の四谷支店に行くのですが、銀行の目の前にある、イランカーペット専門店の TJ CARPET GALLERY さんの店先で見つけたのが、テーブルランナーと似ている柄のクッションカバーでした。銀行に行く途中に寄り道をして、お店の中に入って店員さんとお話をしたところ、そのクッションカバーもイラン製に間違いないということでした。

イラン カーペットショップ
ペルシャ絨毯の専門店ですが、イラン製の小物が店頭にたくさん並べられています。


イラン クッションカバー1
ほらほら、柄が似ているでしょ。店員さんの話によると、いろんな柄の押し型があって、職人さんがその日の気分によって押し型を決めるので、似た柄はあっても、一つとして全く同じ柄はないそうです。気分で柄が違うなんて、ゆるくていいですね。それを聞いただけで、羨ましいと思う私は、かなりストレスが溜まっているのかも・・・・・。


イラン クッションカバー2
そしてこのクッションカバーの裏側にも、テーブルランナーと同じような表記が。NATIONAL HAND PRINTED CLOTH OF ESFAHAN IRAN と記してあるので、イランにある町イスファハンのハンドメイドであることは間違いなさそうです。サイズも40cm×40cmと記してあります。100円ショップで買ったクッションを入れたらぴったりでした。

イラン製のテーブルランナーとクッションカバー、意外なところで、ペアな品が出合いました。


シンガポール ラッフルズホテルグッズ

シンガポール ラッフルズホテル2

シンガポール ラッフルズホテル1

「シンガポール バティック柄の小物」の記事に以前書きましたが、シンガポールにハマっています。一人で行っても怖くない、中国・インド・マレーシアの3つの国の雰囲気を一度に味わえる、ショップハウスが好き。この3つの理由からです。

豪華なホテルより、ビジネスホテルっぽいホテルが好きなので、いままで9回の訪星で、9回とも超格安ホテルに泊まってきましたので、今更、5つ星?7つ星?のラッフルズホテルに泊まりたいとは思ってませんが、ちょっと敷地内には入ってみたいと思い、ホテルのオリジナルグッズやブランド品などのお店が並ぶラッフルズアーケードに行ったときに購入した2品です。

シンガポール ラッフルズホテルのステッカー。自分の部屋のドアに貼ってます。息子の部屋のドアには、どこから手に入れたのか、『社長室』というステッカーが貼ってあるので、それに対抗して、こっちは、かの有名な『ラッフルズホテル』だー、ということで、私の部屋は、ラッフルズホテルルームとなっております。(笑)

もう1つは、ペンケースにしては横幅が足りないし、化粧ポーチにしては、奥行きが足りなく、何を入れたらよいか、購入してから約8年、いまだに未使用です。使用目的を考えないで買うと、無駄になっちゃうんですね。


関連記事