外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ シンガポール
CATEGORY ≫ シンガポール

シンガポールのショップハウス再び



以前シンガポールに夢中になっていたのに、今ではスロヴェニアに夢中になっている私。
でも、突然あの頃が懐かしくなってグーグルアースでシンガポールを旅?していると、こんな可愛いショップハウスを発見。一番最初にシンガポールに行ったときに泊まったホテル、パークロイヤルホテルのほど近くにあるショップハウスでした。

一時は色んなショップハウスを見て回るためにシンガポールやマレーシアを訪れることを趣味にしようと考えていましたが、仕事や家庭などの諸々の事情から、そんなことを考えていた自分さえどっかに忘れてしまっていました。

スロヴェニア旅行の次は、またシンガポールにショップハウスを見に行こうかと思う瞬間があります・・・今更ですが、グーグルアースって凄いですよね。行きたい場所、見たい建物の真ん前まで行けるんですから。


シンガポール製インスタントのラクサ麺

シンガポール製インスタント ラクサ麺1

9回に渡るシンガポール旅行も、2010年の10月以降ぱったりと途絶えてしまいました。今ではなんであんなにシンガポールに熱を上げていたのか、自分自身でもわかりません。9回も行って、ホーカーズやフードコートでしょっちゅう色んなものを食べ歩いていましたが、どういう訳かラクサを食べたことは1度もありませんでした。

いつか食べようと思ってはいたのに、食べないままシンガポール旅行熱は自然と冷めてしまっていました。というか、様々な環境の変化が理由で冷めざるを得なくなってしまったのでした。そして、今、インスタント物ではありますが、初ラクサ麺となりました。



シンガポール製インスタント ラクサ麺2

シンガポール製インスタント ラクサ麺3

中味はノンフライの太麺と、唐辛子ペーストとエビペーストを主な原材料としたラクサペースト(右)と、ココナッツミルク粉末と砂糖を主な原材料とした粉末調味料が入っています。



シンガポール製インスタント ラクサ麺4

水500mlに、ラクサペーストとココナッツ粉末調味料を入れて煮立たせ、麺を入れて7分煮込みます。ココナッツとエビペーストの香りがプンプン。大好きだったシンガポールのホーカーズを思い起こさせてくれます。本場で一度も食べなかったけれど、香りが脳を刺激します。シンガポール狂だった自分が懐かしくなります。



シンガポール製インスタント ラクサ麺5

もちもちした太麺と、ココナッツミルクとエビの旨みがきいたピリ辛濃厚スープがぴったり合ってとても美味しいです。茹でエビやかまぼこ、野菜をトッピングすれば大満足の食事になりますよ。インスタントでもこんなに美味しいのだから、本場シンガポールのホーカーズだったらもっと美味しかっただろうに・・・今更後悔しています。


シンガポール チャイナタウンのショップハウス模型

シンガポールショップハウス16


偶然、シンガポールのショップハウスの模型を見つけました。ショップハウスが好きで、今まで色々なショップハウスを見たいがためにシンガポールに何度も行っていたと言っても過言ではないくらい興味をもっていました。ショップハウスの模型を部屋に飾りたいと思って探したりもしましたが、探している時に限って見つからなくて、何の気なしに検索していたら見つけてしまうなんて・・・。

今回見つけたのは紙製の模型ですが、本当はプラスティックの物が欲しかったけれど、紙製でも見つけたら買わないわけにはいきません。早速購入して組み立ててみました。本当のショップハウスとは少し違うけれど、雰囲気はいい感じです。おまけに Chinatown in Singapore となっています。

シンガポールショップハウス10
実際のチャイナタウンのショップハウスは、ズラーッと連なっているけど、この模型は2件分だけ。でも、屋根裏部屋の灯り取りの窓もちゃんとあります。右側のフランス窓も本物っぽいです。

シンガポールショップハウス4

シンガポールショップハウス5
本物はこんな感じ。上はチャイナタウン、下はジョーチアットロードのショップハウスです。

シンガポールショップハウス11
グーグルアースで見ると、この赤い屋根が蛇行して連なっている様が圧巻です

チャイナタウンシンガポール


シンガポールショップハウス13

シンガポールショップハウス12
裏はけっこう複雑になっています。間口が狭く奥行きがあるのは、昔、間口の幅によって課税額が決められたからだそうで、外観より中に入って奥行きの深さを実感できる。

シンガポールショップハウス9

シンガポールショップハウス8

シンガポールショップハウス6

シンガポールショップハウス7
上の4枚は、数回泊まったことのあるチャイナタウンホテルの裏側です。複雑な感じが分かっていただけるでしょうか。


シンガポールショップハウス15

シンガポールショップハウス14
両サイドも趣がありますが、やはり単純な感じは否めません。もうちょっと精巧な作りの物がほしいな。


シンガポールで買ってきたマーライオングッズ

シンガポール マーライオングッズ4

よ~く見ると、マーライオンに見えるでしょうか。インド人街のファラーパーク駅のそばにある、ムスタファセンターというショッピングセンターで偶然見つけました。こんなの欲しがる人がいるのかと思いながら、でも、思わず買ってしまいました。マーライオンをぬいぐるみにすると、こうなってしまうんだという、話のネタに買ってしまった気がします。


シンガポール マーライオングッズ3

ご存知の方も多いと思いますが、マーライオンはシンガポールに2か所あります。マーライオン公園とセントーサ島です。マーライオン公園には、一般的に知られている口から水を出している大きなマーライオンと、その後方に背中を向けた小さめのマーライオンがあります。このマーライオンの置物は、マーライオン公園の小さめのほうに似ているような気がします。

もうだいぶ前に撮ったマーライオンですが、ご参考までに・・・・・・

  マーライオンパーク1  マーライオンパーク2
左が、一般的に知られているマーライオン公園の水を吐くマーライオンで、右が、その後ろに背中を向けているチビマーライオンです。日差しの強い中を、頑張って仕事してますね、マーさん。画像をクリックして、大きなマーライオンをご覧になってみてください。


  マーライオンセントーサ1  マーライオンセントーサ2
左も右も、セントーサ島に鎮座している巨大マーライオンです。左は、昼間のマーさん。右は、ライトアップされたおしゃれなマーさんです。こちらもクリックして大きなマーさんをご覧あれ~。セントーサのマーライオンは、中に入ることができ、口の部分から外を眺めることができます。



シンガポール マーライオングッズ1

セントーサ島にあるマーライオンショップ?みたいなところでもらった、マーライオンのショットグラスでしょうか?


シンガポール マーライオングッズ2

シンガポールの至る所にある、『3 FOR 10 DOLLAR』(なんでも3つで10ドル)という名の店で買ったマーライオンのキーホルダー。もう7、8年くらい愛用しています。たまに鍵と間違えることがあるくらい鍵と溶け込んでいます。


シンガポール ラッフルズホテルグッズ

シンガポール ラッフルズホテル2

シンガポール ラッフルズホテル1

「シンガポール バティック柄の小物」の記事に以前書きましたが、シンガポールにハマっています。一人で行っても怖くない、中国・インド・マレーシアの3つの国の雰囲気を一度に味わえる、ショップハウスが好き。この3つの理由からです。

豪華なホテルより、ビジネスホテルっぽいホテルが好きなので、いままで9回の訪星で、9回とも超格安ホテルに泊まってきましたので、今更、5つ星?7つ星?のラッフルズホテルに泊まりたいとは思ってませんが、ちょっと敷地内には入ってみたいと思い、ホテルのオリジナルグッズやブランド品などのお店が並ぶラッフルズアーケードに行ったときに購入した2品です。

シンガポール ラッフルズホテルのステッカー。自分の部屋のドアに貼ってます。息子の部屋のドアには、どこから手に入れたのか、『社長室』というステッカーが貼ってあるので、それに対抗して、こっちは、かの有名な『ラッフルズホテル』だー、ということで、私の部屋は、ラッフルズホテルルームとなっております。(笑)

もう1つは、ペンケースにしては横幅が足りないし、化粧ポーチにしては、奥行きが足りなく、何を入れたらよいか、購入してから約8年、いまだに未使用です。使用目的を考えないで買うと、無駄になっちゃうんですね。