FC2ブログ

外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ フランス

フランス産山羊乳のチーズを食べてみました!

フランス産山羊乳のチーズ1

成城石井にランチを買いに行きました。そしたらフランス製の山羊乳のチーズが目にとまり早速お買い求めです。

山羊乳のチーズといえば、先日行ってきたギリシャ料理レストランで食べたグリークサラダにのっていたフェタチーズが山羊乳か羊乳で塩漬けして作られたチーズでした。



フランス産山羊乳のチーズ3

二口サイズの大きさのものが6つ、綺麗に並んでます。



フランス産山羊乳のチーズ2

パッケージの裏に、サンドイッチ・ピザ・カナッペなどに使って食べて・・・と説明書きがありました。



フランス産山羊乳のチーズ4

砕いてプチトマトとドレッシングで和えてみました。フェタチーズより塩味がなく食べやすいです。イタリアンな感じがします。



フランス産山羊乳のチーズ5

また、先日ムーミンベーカリーで購入したフィンランドの黒パンにたっぷり塗ってみました。ちょっと塗りすぎてしまい、黒パンの風味が損なわれたかな。欲張らないで薄く塗ればけっこういけると思います。

この山羊乳のチーズは、カッテージチーズのスプレッドタイプに似ている気がします。カッテージチーズよりは濃厚です。ヨーロッパ風な食卓に合うおしゃれなチーズ?って感じかな。お試しあれ~。


フランス製アニスキャンディー 初めての味!

フランス製アニスキャンディー1

フランス製アニスキャンディー2

カルディーコーヒーで買ったアニスキャンディー。と言っても、アニスなるものを知らぬままの購入です。アニスとは、セリ科のスパイス・ハーブまた薬草の一種で、原産地は地中海東部沿岸やエジプト。その種子を昔からハーブやスパイスとして利用してきたとのこと。なるほど缶の裏側には、原料:砂糖・アニスシードと記載されています。



フランス製アニスキャンディー3

香りや味は、今まで経験のないものなので、ちょっと説明できないんですが、ミントに甘みが加わってそこに葉物をプラスしたような感じ・・・わかります?ハーブティーをキャンディーにしちゃったって感じかな。 好き嫌いが分かれる味だと思います。私は好きです。異国感がします。もしどこかで見かけたらお試しくださ~い。


フランスのボンヌママン ストロベリージャムでランチ

フランスのボンヌママン ストロベリージャム1

先ほど会社の近くのスーパーで買ったフランスの超有名なボンヌママンの手のひらサイズストロベリージャムです。ボンヌママンのお菓子はけっこうどこでも手に入ります。このジャムもしかり。



フランスのボンヌママン ストロベリージャム2

私の好きなヨーロッパ風(クルミ・レーズン入り)の全粒粉生地のパンにたっぷり塗って今日のランチです。甘すぎず、酸味もあって結構いけます。以上、今日のランチの一コマでした。


フランス製くるみチョコレート ノア・ド・フランス

フランス製くるみチョコレート ノア・ド・フランス1

フランスのペリゴール地方の良質で粒がしっかりしたくるみをビターチョコレートで包み、ココアパウダーで仕上げたフランス菓子・・・という説明が書いてあります。先日行ったスロヴェニアもそうでしたが、ヨーロッパではくるみをほんとによく食べるみたいです。くるみに限らずナッツ類やドライフルーツを使ったお菓子・パンが多いですね。



フランス製くるみチョコレート ノア・ド・フランス1

たったの6個入りですが、一つがまるまる1個のくるみを使っているので、食べ応えがあります。とっても美味しいです。恥ずかしながら、あっという間に一人で6個すべて食べ終えてしまい、家族からブーイング。当たり前ですね。くるみ大好き!

フランス・ペリゴールのくるみはシェフの間でも、上質な大粒のくるみということで重宝されているそうです。このノア・ド・フランスは、1997年にパリ国際菓子見本市(INTERSUC)でブルーリボン賞を受賞したんだそうです。

もっと綺麗な画像をアップしたかったのですが、撮りながら食べてしまって、一粒のきちんとした画像が撮れませんでした。リピートして今度はもっときちんとした画像をとってアップロードしたいと思います


フランス製 クレマン・フォジェ マロンクリーム

フランス製 クレマン・フォジェのマロンクリーム1

クレマン・フォジェ社は、もともとマロングラッセのメーカーとして創業したそうで、このマロンクリームの原料にもマロングラッセが使われています。現在では、栗加工製品のリーディングメーカーなんだそうです。そしてクレマン・フォジェ社は、保存料や着色料などの添加物を一切使用しないのがモットーだということです。





フランス製 クレマン・フォジェのマロンクリーム2 

ライ麦パンに塗って食べてみます。マロンクリームのこの色で着色料が添加されていないのはすごいですね。なんかちょっとはカラメル色素などが入ってそうに思ってしまいます。ライ麦パンじゃなくて普通の食パンのほうが良かったかな。





フランス製 クレマン・フォジェのマロンクリーム3 

たっぷり目に塗りました。けっこう甘いです。もっと栗の風味がすると思って楽しみにしていましたが、あまりしませんでした。栗の味よりも甘さが立っている感じでした。う~ん、惜しいな。そのまま舐めると割と栗の味がするんですけど。ケーキ作りや料理に使うものなのかな。パンに塗るものじゃなくて・・・