外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ マレーシア

マレーシア製チョコレートロールはばら撒き用土産にぴったり

マレーシア製チョコレートロール1

ペトロナスタワーと民族調柄サロンケバヤが箱にプリントされたマレーシア土産のチョコレートロールです。



マレーシア製チョコレートロール2

2本入りの小袋が20袋入っていますので、マレーシア旅行のばら撒き土産にちょうど良い品だと思います。



マレーシア製チョコレートロール3

中にミルクフィリングが入った薄~いロールクッキーにチョコレートをコーティングしたお菓子です。特に美味しいものではないかもしれませんが、つい2つ目に手が出てしまいました。

製造元は、マレーシアの Win Win Food Indutries Sdn. Bhd. という企業です。


マレーシア Beryl's のチョコレートを初めてたべました

マレーシアベリーズココナッツチョコ1

マレーシアベリーズココナッツチョコ2

マレーシア Beryl's 社のクッキーは今まで食べてきました。そのどれもが美味しくて、Beryl's 社のHPを見てみると、クッキーだけではなく、チョコレートが主力のお菓子メーカーでした。そして今回やっと Beryl's のチョコを見つけました。ココナッツチョコです。チョコも好きだし、ココナッツ味も好きなので、手元に届いたときは少し興奮気味でした。


マレーシアベリーズココナッツチョコ3

箱の大きさは、ロッテのアーモンドチョコレートとほぼ同じくらいです。しかし箱を開けると、きちんと容器に入っていて更にビニール袋に入っているので、中身の少なさにちょっとがっかり。だけど、日本より衛生的な包装に感激でもあります。


マレーシアベリーズココナッツチョコ4

そして、いよいよ初めて Beryl's のチョコを食べる瞬間が・・・美味しい! ミルクチョコレートのちょうどよい甘さと、カリッとしたココナッツの香ばしさの相性が Very Good ! です。あ~やっぱり期待どおり、 Beryl's はチョコもクッキーも美味しいお菓子メーカーだったんだ。今後も、他のいろいろな種類のチョコを手に入れて試そう!マレーシア最高!

と思っていたら、やはり・・・マレーシアは、お菓子天国だという記事をネットで見つけました。ここからチェックしてみてください。マレーシアの Beryl's 社というお菓子メーカーは、日本の大学を卒業したマレーシア人が1995年に設立した会社だったんです。だから、パッケージや製造方法が日本のメーカーをかなり参考にされているんですね。しかし、マレーシアは Beryl's だけではなく、他にもたくさんおいしいお菓子が国中に溢れているようです。


マレーシア製マンゴクッキーとそのメーカー「 Beryl's 」

マレーシア製マンゴクッキー1

マレーシア製マンゴクッキー2

マレーシア製マンゴクッキー3

マレーシア製のお菓子がおいしいことがかなり気になっていて、マレーシア製のコーヒークッキーだけど・・・の記事中で以前書きましたが、ペルー土産のコーヒークッキーとバリ土産のコーヒークッキーの中身が同じマレーシア製のものだったことが分かった。

そして、今回のマンゴークッキーは、マレーシア土産でマレーシア製。コーヒークッキーと同様に、思った通りおいしくて、私をハッピーにしてくれる。マレーシア製ってなんでおいしんだろう、と思っていたら、コーヒークッキーも、マンゴークッキーも同じ製造メーカーであることが判った。

マレーシア製マンゴクッキー4
Beryl's Chocolate & Confectionery Sdn. Bhd.という大きなメーカーで、マレーシア旅行では、オプショナルツアーもあるほど超有名らしい。

ベリルズ1

ベリルズ2

私はクッキーばかり購入してましたが、Beryl's のホームページにもある通り、チョコレートのほうが主力のようです。マレーシア国内に数店舗あり、可愛い店構えです。シンガポールに何回行くのもいいけど、マレーシアにも行ってみたいな。その前に、有給休暇を取得できないとな、⤵


マレーシア製チリプラウンロール 懐かしいな~

マレーシア製チリプラウンロール1

マレーシア製チリプラウンロール2

マレーシア製チリプラウンロール3

以前、シンガポールによく行っていたときは、行く度に、プラウンロール(えびの春巻ロール揚げかな)を買って、ホテルで食べたり、お土産に持って帰ったりしていました。

スーパーマーケット、コンビニ、お菓子屋さんなど、色んなところで買いましたが、そのどれもがマーレシア製でした。カリッと、そしてサクッとどこで買ってもおいしいプラウンロールでした。

以前、コーヒークッキーの記事のときにも書きましたが、マレーシア製のお菓子は、おいしいものが多いと思っています。しかし、まだマレーシア製のチョコレートは食べたことがないので、今度トライします。

今回は、シンプルなプラウンロールではなく、チリプラウンロールだったので、辛い食べ物が苦手な私にとって、味はおいしいものの、辛さがちょっと残念でした。

チリプラウンロールは、マレーシア土産だけでなく、シンガポール、台湾、香港、韓国、タイなどのアジアや東南アジア土産にもなっています。その全てがマーレシア製かどうかはわかりませんが。チリプラウンロールは、ビールのおつまみや、おやつにぴったり。けっこうピリ辛なので、子供さんのおやつには、チリでない普通のプラウンロールがいいですよ。お試しください。


マレーシア製のコーヒークッキーだけど・・・

↓こちらは、インドネシア・バリ島のお土産として販売されている、バリコーヒークッキーです。

マレーシア製コーヒークッキー1

マレーシア製コーヒークッキー5

マレーシア製コーヒークッキー3




↓そしてこちらが、南米ペルーのお土産として販売されている、ペルーコーヒークッキーです。

マレーシア製コーヒークッキー2

マレーシア製コーヒークッキー6

マレーシア製コーヒークッキー4



↓そして、どちらも中身は同じマレーシア製のおいしい、おいしいコーヒークッキーです。

マレーシア製コーヒークッキー7


コーヒー豆の形をしているだけでなく、コーヒー豆を粗めに砕いた粉が練りこんであるので、サクサクでカリカリっと、とてもおいしいクッキーです。一つ一つ個包装になっているゴールドの袋を開けたとたんに、コーヒーの香りがします。今まで、マレーシア製のお菓子を100円ショップなどで買ったことがありますが、おいしいものが多いように思います。

この形がとてもかわいくて、即購入を決めてしまいました。実物のコーヒー豆のように全体に丸みがあるのかと思いましたが、実は、クッキーの裏側はのように平らになっているので、少しがっかりしました。でも、味はおいしいです。私のようにコーヒー好きさんには、時々食べたくなる味だと思います。是非、お試しいただきたいお菓子です。

マレーシア製コーヒークッキー8

インドネシア・バリ島も、南米のペルーも、どちらもそれぞれのコーヒー豆の産地であることは知られていますので、このマレーシアで製造された、コーヒークッキーがお土産にピッタリなんでしょうね。クッキーに入っているコーヒー豆がはたしてどこの豆なのか、箱裏に書いてある原材料には、Coffee bean としか書いてないのでわかりません。

けど、とてもおいしいから、まっいいっか!