外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ オーストリア
CATEGORY ≫ オーストリア

オーストリア製ユリウス マインルのカップ&ソーサー

オーストリア製ユリウスマインルのカップ&ソーサー0

スロヴェニア旅行の帰国日、リュブリャーナ空港の小さなカフェでブレッドで食べたものと同じクリームケーキとカプチーノでちょっぴりのんびりしていました。その時のカプチーノがオーストリアのユリウス マインルのもので、カップ&ソーサーもオリジナルでした。

この画像を見ていて、このオリジナルのカップが日本で手に入らないかとネットで調べましたが、まったく同じものは見つかりませんでした。しかし、オーストリアのユリウス マインルのオンラインショップがあることが分かり、このカップを探してみたら・・・ありました。コーヒー自体はオンラインでもリアル店舗(明治屋など)でも手に入ります。



オーストリア製ユリウスマインルのカップ&ソーサー1

早速オーダーして、やっと今日届きました。商品自体は2500円くらいなんですが、運賃(FedExのみで選択肢がないんです)が商品の約3倍。どうしようか悩みましたが、やっぱり欲しいのでオーダーしちゃいました。家族から飽きられてしまいましたが、欲しいものは欲しいのです!



オーストリア製ユリウスマインルのカップ&ソーサー2

このトレードマークは、帽子を被ったトルコ人の男の子なんだそうです。ユリウス マインルとは、日本でいえば、明治屋とか紀ノ国屋のような高級食料品店だそうです。今までユリウスマインルというコーヒーのメーカーかと思っていましたが、違っていたことがわかりました。



オーストリア製ユリウスマインルのカップ&ソーサー3

ソーサーにも、ユリウス マインルの文字が入っています。かわいー、すてきー。オーストリア製のカップ&ソーサーを眺めつつ、スロヴェニア旅行を思い出し、既に懐かしくてたまらない私です。


オーストリアの人気なお土産❤マナーウェハース

オーストリア製ウェハース『マナー』1

オーストリア土産なので、ヨハンシュトラウス ウェハースという名前がついていますが、このお菓子にヨハンシュトラウスはあまり関係がありません。オーストリア・ウィーン製、ヨセフ マナー社(HPはこちら)のウェハースです。



オーストリア製ウェハース『マナー』2

オーストリアだけに限らず、ドイツのミュンヘンやフランクフルトの空港やお土産店などで購入できるらしいです。海外旅行ブログを読んでいると、このマナーウェハースをお土産にして喜ばれたという人が多いので興味をそそられて買ってみました。5月のスロヴェニア旅行で手に入れることが出来るかもしれませんが・・・



オーストリア製ウェハース『マナー』3

1箱に8枚の大き目なウェハースが入っていて、1枚が10個に割れるように切れ目が入っています。なので、とても食べ易いです。ずっしりとしたウェハースの中身は、原材料名を見ると、チョコではなくヘーゼルナッツ・ココアパウダーとなっています。ヘーゼルナッツクリームとココアパウダーがミックスされてるのかな。とっても美味しいです。旅行土産に評判が良いのも分かります。


オーストリア製モーツァルトクーゲルチョコレート

モーツァルトチョコ1

モーツァルトチョコ2

モーツァルトチョコ3

モーツァルトチョコ4

モーツァルトチョコ5

粉末のアーモンドと砂糖、卵白をこねてペースト状にしたマジパンクリームのまん中に、ヘーゼルナッツクリームが入っていて、それをダークチョコレートがくるんでいます。

マジパンクリームの味にちょっと独特感がありますが、一つ二つと食べ進めるうちに、だんだんおいしくなってきて、一人で8個をペロッと食べてしまいました。またリピートしてもいいかな。モーツァルトもこのチョコレートが大好きだったとか・・・・・

しかし、この製品は、本場のものを真似て作られたものだそうで、本場のミラベル社という企業で作られたチョコは、やはりもっとおいしいのでしょう。