FC2ブログ

外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ スペイン

スペイン料理店 メソン・セルバンテスでディナー

スペイン料理店 メソン・セルバンテス1

今回も勤務先の取引先の方と食事をしました。市ヶ谷駅や麹町駅から程近くにあるスペイン国営文化施設ビル最上階(11階)にある「メソン・セルバンテス」というスペイン料理店です。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス2

11階に着くとこの時期の飾り付け、そうハロウィーンの雰囲気を漂わせている入り口が派手にお客さんを待ち構えています。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス3

入り口の足元マットが店名「メソン・セルバンテス」と書いてある可愛い色合いです。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス4

スペイン料理店 メソン・セルバンテス5

ディナーは5時からですが、なぜかガラガラなので好きな席が選べると思ったら、大人数の予約が数組入っているとのことで、カウンター席になってしまいました。バルコニー席もあり、寒さもぎりぎりOKで近辺のサラリーマンたちがこの後大騒ぎしていました。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス6

まだお客は私たち二人だけなので、店員さんたちは暇そうにしていました。この後満員御礼状態になってきりきり舞いになるんですが。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス7

まず最初にパエリアの試食を提供されました。居酒屋でいうお通しみたいな感じでしょうか。もうちょとお米が固めなのかと思ったら意外と柔らかいお米でした。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス8

スペイン料理店 メソン・セルバンテス10

スペイン料理店 メソン・セルバンテス9

まずサラダとスペイン風オムレツ、スープはガスパチョからいただきます。スペイン風オムレツはすっごく美味しかった。白いとろ~っとしたチーズを付けるとまた最高です。ガスパチョは結構酸味が強かったけど、濃厚でまあまあいけました。


スペイン料理店 メソン・セルバンテス11

メインのお肉も柔らかく黄色いソースがとっても合ってました。何のソースかわかりませんでしたが、肉に味付けがしてないのでさぱりいただけました。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス12

スペイン料理店 メソン・セルバンテス14

マッシュルームのアヒージョがこれまたニンニクが利いていて、ベーコンのみじん切りのようなものも入っていて濃厚でした。このオイルをバゲットにたっぷりつけるととってもグーです。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス13

レバーペーストを頼んだら、またまたバゲットもついてきました。レバーペーストうんまい。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス15

相方さんはサングリア、私はアルコールがダメなのでジンジャーエール。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス16

スペイン料理店 メソン・セルバンテス17

イベリコ豚の生ハムを頼んだら目の前でスライスしているのが見えました。カウンター席のいいところです。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス18

こちらがそのイベリコ豚の生ハムです。アーモンドが乗っていて巻いて食べると美味しさが際立ちます。塩分控えめなお味です。



スペイン料理店 メソン・セルバンテス19

やっぱりパエリアは外せないでしょ、ということで一人前を二人で分け合いました。やっぱりもうちょっと固めがいいな。味は素晴らしいけど。


スペイン料理店 メソン・セルバンテス20

スペイン料理店 メソン・セルバンテス21

なんとお腹がかなり膨れてきたにもかかわらず、デザートも頼んじゃいました。この季節にピッタリの栗のプリンです。一見プリンというよりチョコケーキのようですが、これがまた栗が濃厚なプリンです。かなり美味しかったです。バニラアイスとパイン・リンゴも添えられていて見た目もバッチリです。カフェオレも濃厚でかなりの美味しさでした。

雰囲気も料理も満足なディナーでした。ちょっとお高めでしたが。というか食べ過ぎですね。市ヶ谷・麹町近辺にお越しの際はお試しください。ランチもやっているそうです。


スペイン製チョコレートポルボロン 「ドニャ・ヒメナ」

スペイン製チョコレートポルボロン「ドニャ・ヒメナ」1

以前、スペインのお菓子ポルボロンの記事を2回ほど書きました。今回はそのチョコレートバージョンのご紹介です。今までのとは違うメーカーで、ドニャ・ヒメナという名が付けられています。



スペイン製チョコレートポルボロン「ドニャ・ヒメナ」2

上の箱に個包装の6個のチョコレートポルボロンが入っています。



スペイン製チョコレートポルボロン「ドニャ・ヒメナ」3

形が違うので、袋を開けてもホロホロと崩れることはありません。でも、食べると口の中でホロっと崩れてポルボロンの特徴を感じます。今まで食べたノーマルなポルボロンと同じシナモンの香りがかすかにします。このチョコレートのほうが食べやすいかな。ホロっとしますが、多少ネチョっとした感じもします。食べてみないと分からないですね~。


スペインBIRBA社製グルテンフリービスケット

スペイン製 Nuria グルテンフリービスケット1

前回(2月)にこのNuriaという名の全粒粉ビスケットを紹介しましたが、今回は同じメーカーBIRBA社のグルテンフリービスケットです。主に米粉と大豆粉で作られています。やっぱり全粒粉のより淡泊というか味気ない感じがします。でもヘルシーですね。



スペイン製 Nuria グルテンフリービスケット2

グラム(140g)で表示してありますが、切れの悪い21枚入り。



スペイン製 Nuria グルテンフリービスケット3

でも、甘~いものや味の濃いものを毎日食べるより、こういった昔ながらの淡泊な素材の味がするものに慣れたほうが体には良いんですよね。ヨーロッパにカブれている最近の私ですが、シンプルなもの素材の味が生かされているものに興味を持つようになった私です。成城石井で買いました。お試しください。


スペイン製 BIRBA社の全粒粉ビスケット「NURIA」

スペイン製ビルバ社の全粒粉ビスケット ヌリア1

勤務先の近くの成城石井に似たリンコスというスーパーへランチを買いに行ってきた。私の好きな外国製のお菓子やヨーロッパ風のパンを買えるので、月に2回くらいは行くのです。今日はこのスペイン製の全粒粉ビスケットを買ってみました。



スペイン製ビルバ社の全粒粉ビスケット ヌリア2

着色料や添加物が使われていない食品が多いヨーロッパ。このビスケットも素朴な自然そのものの素材を生かした製品という趣がします。NURIAという商品名です。



スペイン製ビルバ社の全粒粉ビスケット ヌリア3

このビスケット2枚で52キロカロリーと表示がしてあるのもありがたいですね。味も素朴だけどなんだか懐かしいというか、また食べたくなる飽きない味わいです。シンプルイズザベストという感じですね。

BIRBAというメーカーのHPです。今年で125周年という老舗のメーカーです。いつもおやつにしているベルギーのカラメルビスケット「ビスコフ」よりこっちのほうが飽きない味で好きになりそうです。


スペインのコーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス

スペイン製コーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス1

スペイン製コーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス2

レトロな箱のデザインで、包み紙にも伝統と高級感が感じられる、ドス・カフェテラスというスペイン伝統のコーヒークリームキャラメルです。スペインのレストランやホテルでは、コーヒーに添えられるスイーツとして使われているそうです。

ドス・カフェテラスは、スペイン東北部に位置する、牛追い祭りで有名なナバラ・パンプローナというところで誕生し、初めてコーヒー味のキャラメルを製造・販売した伝統あるブランドだそうです。



スペイン製コーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス3

原材料は牛乳、砂糖、ブドウ糖、コーヒーエキスの天然の材料のみ。濃縮ミルクにコーヒーエキスを加え、3ヶ月間熟成させることで、口の中でホロッと崩れる絶妙な食感が生まれるそうです。ミルクとコーヒーの味が程よく、甘すぎずスッキリとした味わいです。3ヶ月も熟成させてキャラメルを作るなんて凄いな~って思います。