外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ スペイン

スペインのマシュマロ デリシャスマローフィズ

スペインのマシュマロ デリシャスマロー フィズ

マシュマロを好んで食べるほうではないのですが、以前フランスのショクモッド社のチョコをコーティングしたマシュマロ(→こちらがその時の記事)が美味しかったので、このスペイン製のマシュマロも期待できそうだと思って買ってみました。



スペインのマシュマロ デリシャスマロー フィズ2

袋の裏には5種類のフレーバーが入っているとの記載が。アップル・チェリー・レモン・オレンジ・コーラがそれぞれ入っているかと思いきや・・・・・



スペインのマシュマロ デリシャスマロー フィズ3

コーラフレーバーが入っていない。そして、アップルの割合が多い。日本製だったら、たぶん袋に書いてあるフレーバーが全部入っているだろうし、それぞれの数も均等になっているでしょうね。ちょっとアバウトなスペイン製でした。

そして、各フレーバーの味がかなり酸ーっぱい。周りについている砂糖がジャリジャリで歯触りが良くない。酸っぱ過ぎるのと、ジャリジャリの歯触りが嫌いな私には完食できない一袋となりました。


スペイン製ポルボロンをリピートしました❤

spain-porboron-repeat1.jpg

スペイン製ポルボロン2

昨年6月に、このスペイン製ポルボロンを記事にしました。その時の記事はこちら⇒スペイン製ポルボロン しかし、中味6枚入りの全てが割れていて、ちょっとショックでした。



スペイン製ポルボロン3

今回はまさか6枚全部割れているなんて思っていませんでした。最初の1袋を開けて、「あっ、割れてる」と思って割れたものを食べながら次の袋を開けるとまた割れている。そして次こそと思って開けると、今度は割れてません。しかし・・・個包装になっている袋から出すときに真っ二つに割れてしまいました。

けっきょく、6袋全て個包装のビニール袋から取り出すときに割れてしまいます。それがこのポルボロンの特徴であるホロホロ感なんでしょう。もっと落ち着いて神経を研ぎ澄ませて?開ければ1枚くらいは割れなかったかもしれません。

ってことで、今回もすべて割れた画像となってしまいました。でも、今回気づいたことがあります。昨年11月にアップしたスペインの焼き菓子「イネス・ロサレス」を紹介しました(その時の記事はこちら)が、このポルボロンも、イネス・ロサレスの製品だということが分かりました。そんなに重要なことではありませんが・・・


スペインの手作り焼き菓子 イネス ロサレス

スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子1

スペインのアンダルシア州セビリアで、イネス・ロサレスという女性が自宅のキッチンで作っていた焼き菓子が評判になり、今ではスペイン全土はもちろん世界各国でも注目される逸品となったそうです。この箱の中に、エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った2種類の素朴な焼き菓子が入っています。



スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子2

今も当時と変わらぬレシピで素材の良さを生かし、贅沢なエキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使い一枚一枚丁寧に焼き上げられたトルタスは、手作りならではの食感が特徴なんだそうです。その種類は、オリジナル・セビリアオレンジ・ローズマリー&タイム・セサミ&シーソルト・シナモンの4種類。左がセビリアオレンジ、右がオリジナルです。



スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子3


スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子6

スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子7

オリジナルは、アニスの入ったオリジナル味。アニスはメディカルハーブとも言われていて、特有の香味と甘みが特徴です。ハーブといっても、好き嫌いのある独特さは無く、誰からも愛される味と表現すればよいでしょうか。スティックシュガーのような砂糖がまぶしてあってちょっとじゃりじゃりしますが、気になるほどではありません。



スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子4

スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子5

スペイン製 エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った素朴な焼き菓子8

セビリアオレンジは、セビリア産のオレンジを錬りこんであるほんのり甘いトルタスです。アイスなどを添えると少し贅沢な気分が味わえます。どの種類も、生地にエキストラバージンオリーブオイルを24%も練りこんであるので、パリッとしているけれども、しっとりしてもいるという焼き菓子です。

一枚一枚固包装されています。一枚が意外と大きいので、サラダやチーズ、ハムなどがあれば充分食事にもなります。また、オリーブオイル好きな方には最適なお酒のおつまみになります。くれぐれも食べすぎには注意してくださいね。




スペイン製 黒トリュフポテトチップス-ナチュラルローソン

スペイン製 黒トリュフポテトチップス

勤務先近くのナチュラルローソンにランチを買いに行ったとき、ついでに外国製のポテトチップスを購入しました。スペイン製・インドネシア製・タイ製の3種類です。というか、外国製のお菓子を買うついでにランチを買ったと言ったほうが正しいかも。その中から、今日はスペイン製のポテトチップスをアップします。


スペイン製 黒トリュフポテトチップス2

乾燥黒トリュフの粉末がかすかにかかっていますが、トリュフの味があまりよくわからない私は、トリュフというより黒コショウだと思ってしまいました。でも、袋をよく読んでみると、原料に、乾燥黒トリュフと書いてありますし、袋に描かれた絵にも黒トリュフが。

トリュフ感があまりしませんが、何か美味しい味がする・・・ちょっと他のポテトチップスとは違うな、ともう一度原料を読んでみたら、ひまわり油と書いてあります。たぶんそのせいで、あっさりしていても、心地よい甘さが感じられて、大変おいしいポテトチップスです。私はそう思いました。是非、ナチュラルローソンで探してみてください。


スペイン Delaviuda 社カフェモカチョコをリピート

スペイン Delaviuda 社製カフェモカチョコ1

スペインの Delaviuda 社のカフェモカチョコをもう一度食べたくて、以前買ったお店をもう一度訪ねました。訪ねたと言っても、職場のそばなので、ついでに寄ったという表現が正しいかもしれませんが、リピートしたかったことは嘘ではありません。この暑いのに、あのクリーミーなコーヒーチョコの味が忘れられず、ついお店に入ってしまいました。


スペイン Delaviuda 社製カフェモカチョコ2

スペイン Delaviuda 社製カフェモカチョコ3

表側にトッピングされたメレンゲとモカの粒はどうでもいいって感じなんですが、裏側のコーヒーチョコがあまりにクリーミーで美味しいです。前回の記事の時にも書きましたが、この板チョコ一枚のカロリーが1250キロカロリーで、見た目通りかなりずっしりとしています。


スペイン Delaviuda 社製カフェモカチョコ4

なので、小さめに切って1日2切れだけ食べることにしました。2切れだけじゃ物足りないけど、食べたいだけ食べると1日で1枚食べてしまいそうなので。そうすると何日も楽しめるし。最近、マレーシアの Beryl's のクッキーやチョコが美味しいことに注目していますが、スペインも同じくお菓子全般美味しいですね。あ~楽しい、でもカロリー摂取に気をつけなくちゃ。そういえば、最近、お菓子の記事ばかり・・・ですねぇ。