外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ スペイン

スペインのコーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス

スペイン製コーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス1

スペイン製コーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス2

レトロな箱のデザインで、包み紙にも伝統と高級感が感じられる、ドス・カフェテラスというスペイン伝統のコーヒークリームキャラメルです。スペインのレストランやホテルでは、コーヒーに添えられるスイーツとして使われているそうです。

ドス・カフェテラスは、スペイン東北部に位置する、牛追い祭りで有名なナバラ・パンプローナというところで誕生し、初めてコーヒー味のキャラメルを製造・販売した伝統あるブランドだそうです。



スペイン製コーヒークリームキャラメル ドス・カフェテラス3

原材料は牛乳、砂糖、ブドウ糖、コーヒーエキスの天然の材料のみ。濃縮ミルクにコーヒーエキスを加え、3ヶ月間熟成させることで、口の中でホロッと崩れる絶妙な食感が生まれるそうです。ミルクとコーヒーの味が程よく、甘すぎずスッキリとした味わいです。3ヶ月も熟成させてキャラメルを作るなんて凄いな~って思います。


スペイン土産用のアーモンドクッキー

スペイン土産用アーモンドクッキー1

このクッキーはスペイン製ではあっても、現地で人気のある・・・とか、スペインを代表する・・・とかという品ではありません。観光客専用のためのアーモンドクッキーです。私が好きなタイプの「外国の品」ではありません。



スペイン土産用アーモンドクッキー2

12個入りでばら撒き用のお土産には重宝しそうです。スペインを連想させる太陽がモチーフになっています。



スペイン土産用アーモンドクッキー3

スペイン土産用アーモンドクッキー4

一枚がけっこう大きめで厚みもあり、上に載ったアーモンドがとても美味しいです。クッキーにもアーモンドの味が染み込んでいるような気がします。美味しいアーモンドクッキーですが、これぞスペイン!という感じはしません。美味しいですが、あまり個性的な品ではないです。


スペイン製 シモンコール社のパラソルチョコレート

スペイン製 シモンコール パラソルチョコレート1

かわいいネコちゃんのイラストが目を引くパラソルチョコレートです。スペイン製でミルク・ダーク・ヘーゼルナッツの3種類ありましたが、ミルクをだけを購入。



スペイン製 シモンコール パラソルチョコレート2

三角柱型の箱の中に、赤地に白い水玉模様のかわいいパラソルチョコレートが8本入っています。



スペイン製 シモンコール パラソルチョコレート3

傘の部分のミルクチョコレートもとても美味しいです。さすがスペイン製!今までの経験からスペイン製のチョコは はずれが無い気がします。カルディーコーヒーで買ってきました。


スペインのマシュマロ デリシャスマローフィズ

スペインのマシュマロ デリシャスマロー フィズ

マシュマロを好んで食べるほうではないのですが、以前フランスのショクモッド社のチョコをコーティングしたマシュマロ(→こちらがその時の記事)が美味しかったので、このスペイン製のマシュマロも期待できそうだと思って買ってみました。



スペインのマシュマロ デリシャスマロー フィズ2

袋の裏には5種類のフレーバーが入っているとの記載が。アップル・チェリー・レモン・オレンジ・コーラがそれぞれ入っているかと思いきや・・・・・



スペインのマシュマロ デリシャスマロー フィズ3

コーラフレーバーが入っていない。そして、アップルの割合が多い。日本製だったら、たぶん袋に書いてあるフレーバーが全部入っているだろうし、それぞれの数も均等になっているでしょうね。ちょっとアバウトなスペイン製でした。

そして、各フレーバーの味がかなり酸ーっぱい。周りについている砂糖がジャリジャリで歯触りが良くない。酸っぱ過ぎるのと、ジャリジャリの歯触りが嫌いな私には完食できない一袋となりました。


スペイン製ポルボロンをリピートしました❤

spain-porboron-repeat1.jpg

スペイン製ポルボロン2

昨年6月に、このスペイン製ポルボロンを記事にしました。その時の記事はこちら⇒スペイン製ポルボロン しかし、中味6枚入りの全てが割れていて、ちょっとショックでした。



スペイン製ポルボロン3

今回はまさか6枚全部割れているなんて思っていませんでした。最初の1袋を開けて、「あっ、割れてる」と思って割れたものを食べながら次の袋を開けるとまた割れている。そして次こそと思って開けると、今度は割れてません。しかし・・・個包装になっている袋から出すときに真っ二つに割れてしまいました。

けっきょく、6袋全て個包装のビニール袋から取り出すときに割れてしまいます。それがこのポルボロンの特徴であるホロホロ感なんでしょう。もっと落ち着いて神経を研ぎ澄ませて?開ければ1枚くらいは割れなかったかもしれません。

ってことで、今回もすべて割れた画像となってしまいました。でも、今回気づいたことがあります。昨年11月にアップしたスペインの焼き菓子「イネス・ロサレス」を紹介しました(その時の記事はこちら)が、このポルボロンも、イネス・ロサレスの製品だということが分かりました。そんなに重要なことではありませんが・・・