外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2017年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年02月
TOP ≫ CATEGORY ≫ オランダ
CATEGORY ≫ オランダ

オランダ製 ロカ ゴーダチーズクリスプ

オランダ製ロカ社のゴーダチーズクリスプ1

オランダ製ゴーダチーズのクリスプ。ROKAのホームページですが、ROKAという名がメーカー名なのか商品名なのちょっと分かりませんでした。



オランダ製ロカ社のゴーダチーズクリスプ2

やっぱり個包装ではなかったなぁ~。



オランダ製ロカ社のゴーダチーズクリスプ3

ご覧の通り、ゴーダチーズがたっぷりで、箱を開けた瞬間にチーズの香りがものすごいです。チーズ好きの私にはたまりません。とっても美味しいです。もう個包装じゃないことなんか気になりません。



オランダ製ロカ社のゴーダチーズクリスプ4

この薄さも美味しさのヒミツです。ほんとにおいしいです。カルディーコーヒーで買いました。お試しくださいネ。


オランダ製 ヘレマ社のビスケット フォアチョコ

オランダ製ヘレマ社のチョコクリームビスケット1

職場の上司からもらったオランダ製のチョコサンドビスケット。外国製の物やお菓子などに興味があることを知っている上司なので、出かけたついでに時々外国製のお菓子を買ってきてくれます。これもそのうちの一つ。



オランダ製ヘレマ社のチョコクリームビスケット2

オランダ製ヘレマ社のチョコクリームビスケット3

癖がなく、甘すぎず、美味しかったです。ビスケット自体も美味しかったし、サンドされた中のチョコフィリングも甘すぎないさっぱりチョコでした。

ほんとに普通のお菓子ですが、このシンプルさが私にはグッときました。飽きのこない見た目、飽きのこない味、いいですねシンプルって。秋になると日本では色んな新製品の御菓子類が発売されますが、いつも変わらないものって安心しますね。


オランダ ドロステ社のミルク&ダークチョコ

オランダ ドロステチョコ パステル1

このブログを始めたころに一度、オランダ ドロステ社のチョコレートの記事を書きましたが(⇒以前の記事)、その時のドロステ社製のチョコの感想は、日本のガーナチョコのほうが美味しい、でした。



オランダ ドロステチョコ パステル2

でも、このパステルという名のドロステ社のミルク&ダークチョコは、とっても美味しいです。ミルクチョコの甘さとダークチョコの少しの苦さが混ざってとても美味しいチョコレートに仕上がっています。前回のチョコと同じメーカーのチョコとは思えない。



オランダ ドロステチョコ パステル3

この一粒を口に入れると、う~ん美味しーからもう一つ、またもう一つと一箱ペロッと行けちゃうほどのまろやかで甘すぎない高級な味のチョコです。オランダのスキポール空港では出会えなかったけど、日本で、それも自宅近くのお店で出会えるとは・・・幸せ。





オランダ製ドロステ社チョコレート

ドロステチョコ1

ドロステチョコ2

ドロステチョコ3

ドロステ社は、1863年創業のオランダが誇るチョコレートメーカーです。
パッケージに刻印された王冠はオランダ王室より授かったロイヤルの称号の証しだそうです。

私が購入したこの詰合せは、オランダらしいチューリップ、貝殻、リーフ、円板型をモチーフにした、ミルクチョコレートとビターチョコレートのアソートです。もちろん、他にもたくさんの種類のチョコレートがあり、チョコの他に、ココアがおいしいと評判があるそうです。以前から、気になっていたドロステ社だったので、まずは、アソートからトライしてみました。

味は、特別おいしいとは感じませんでしたが、不味くもなく、ごく普通のチョコレートという気がしました。日本のチョコのほうがおいしいかも。私は、ロッテのガーナのほうが好きかな。あと、先日記事を書いたドイツ製ロマンティック街道チョコレートのおいしさも忘れられません。