外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ トルコ

トルコ製ピスタチオ入りチョコ-nestle damak

トルコ製ピスタチオ入りチョコ1

ピスタチオ好きの私、このパッケージの緑輝くピスタチオを見てどこの国のものかも確かめずに即買い。日本ネスレがトルコから輸入した、原産国トルコの damak という名のピスタチオ入りのミルクチョコレートでした。



トルコ製ピスタチオ入りチョコ2

けっこう大粒のピスタチオが入っていて、チョコレートも美味しかったです。しいていえば、チョコが少し甘めだったので、ダークチョコレートの中にピスタチオがゴロゴロ入っていれば、さらにお気に入りのチョコになるかも。それにしても、ピスタチオって美味しいな~。スロヴェニアのジェラートが思い出されてなつかしー。


トルコ料理店 ボスボラスハサンでディナー

トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー1

職場近くのトルコ料理店ボスボラスハサンでのディナーです。このトルコ料理店でのランチは2、3度来たことがありますが、ディナーは初めてです。いつもPC保守やHPの更新などでお世話になっている取引先のHさんに、今回は私のパソコンお引越しを手伝ってもらったので、そのお礼がてらのディナーです。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー1

デーブルに挟んであったこのレストランの紹介を見ると、市谷店だけではなく新宿店と新宿二丁目店もあるみたいです。私はてっきりここだけかと思っていたんですが、手広くやってるんだ・・・と思ったり。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー3

まずは飲み物。Hさんが今日は車なのでアルコールはNGで、私はザクロジュースをオーダー。甘酸っぱくて食欲をそそる味です。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー2

スープはこの1種類だけしかなかったので、仕方なくというか当然このスープになってしまいますよね。赤レンズ豆のスープです。赤レンズ豆という豆がどんなものか知りませんが、濃厚でへんなクセのない飲みやすいスープでした。けっこう量もあります。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー5

サラダも豆のサラダ。豆がほとんど見えませんが、ひよこ豆とか白っぽい豆のサラダでした。サラダという感じがしなかったので、グリーンサラダのような一般的なほうが良かったかな。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー4

トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー6

トルコのパン、エキメッキ(上)にフムス(下)というエジプト豆のペーストをパンにつけて食べます。フムスがとっても美味しかった。エキメッキに合いました。これはまた食べたいです。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー7

パンも頼んだのに、トルコピザ(ほうれん草)も注文しました。全部食べられるかしらー、って二人ともけっこう大食漢なのでした。トルコピザはランチでも食べたことがあります。その形が葉っぱのようですが、それ以外は特に普通のピザと変わりはないように感じました。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー8

ラム肉の煮込みチーズ乗せオーブン焼き。ラム肉と思えないほどクセがなく柔らかくオーダーして大正解です。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー9

トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー12

お腹いっぱいだけど、せっかくだからデザートとトルココーヒーを注文。私は中近東のお菓子バクラヴァを。ひっさしぶりのバクラヴァに感動です。甘くてサクサクでおいしーよ。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー11

もちもちプリン。一口いただきましたが、杏仁豆腐にカラメルがかかったようなお味でした。Hさんは、イマイチだと言ってました。私もそう思いました。



トルコ料理店ボスボラスハサンでディナー13

トルココーヒーがあまりにも濃くてびっくりして声に出てしまったのが、トルコ人の店員さんに聞こえてしまったらしく、フリーでチャイ(紅茶)をサービスしてくれました。異常なほど濃かったので、チャイでさっぱりできました。

とんでもなくお腹がいっぱいで、駅まで歩くのが辛かったくらいです。あ~食べ過ぎに気を付けないとーーー。いつも思ってはいるのですが。ぜひ、ボスボラスハサンでトルコ料理をお試しください。


トルコ製エリット社ロイヤルアベニューブランドのストーンチョコレート

トルコ製ロイヤルアベニュー社のストーンチョコレート1

以前にもトルコ製エリット社のロイヤルアベニューブランドのチョコを紹介しましたが、今回は同じロイヤルアベニューブランドのストーンチョコです。ストーンチョコレートというと、カラフルなイメージですが、このトルコ製エリット社のロイヤルアベニューブランドのものは落ち着いた色合いです。




トルコ製ロイヤルアベニュー社ストーンチョコレート2

使われている色素もやはり、ウコン、カラメル、炭末、コチニールなどの落ち着いた色合いのものを使用しています。予想通り、色によって味の違いはなく、中身は美味しいミルクチョコレートでした。ロイヤルアベニューブランドの他の商品も色々試してみたいな。


トルコ・エリット社製のロイヤルアベニュー チョコスプーン

トルコ製ロイヤルアベニュー社チョコスプーン1

トルコのエリットチョコレート社製のスプーン型ミルク&ダークチョコレート。とても可愛いチョコレート製スプーンです。



トルコ製ロイヤルアベニュー社チョコスプーン2

プラスティックのようなつやつやしたキレイなチョコスプーンです。



トルコ製ロイヤルアベニュー社チョコスプーン3

温めたミルクに添えると本物のスプーンのよう。溶かしちゃうのがもったいない。



トルコ製ロイヤルアベニュー社チョコスプーン4

ところがミルクがあまり熱くなかったせいかスプーンがなかなか溶けず、あまり美味しそうに見えません。レンジでチンするのではなく、ミルクパンか鍋にいれて熱っつくしてからでないとしっかり溶けてくれません。失敗した・・・・・



トルコ製ロイヤルアベニュー社チョコスプーン5

何とかミルクとダーク1本ずつ溶かして飲んでみました。ココアのような濃厚なチョコレートドリンクになりました。トルコ製というよりも、ベルギーやオランダ製のような感じがします。それぐらいトルコ製のチョコも美味しいってことですかね。


トルココーヒーを淹れて飲んでみました!

トルココーヒー1

トルコ雑貨が大好きで、10年以上前はキリムを始めいろいろな雑貨を集めていました。でも、トルコの食品や飲み物を試すことはありませんでした。今回ふと思い立ってトルココーヒーを飲みたいと思い、トルココーヒーの簡単なセットを購入しました。

トルココーヒーとは特別な豆で淹れるコーヒーではなく淹れ方がトルコ式だということなんですって。知りませんでした。今回購入したのは、トルコ製のコーヒー メフメットエフェンディ社の100gパックとコーヒーを沸かすジェズベと呼ばれる小鍋です。でも、普通のレギュラーコーヒーとミルクパンでもトルココーヒーを淹れることが出来るんですね。

そう言えば、先日トルコ料理レストランで食事のあと飲んだのは、トルココーヒーではなくチャイでした。



トルココーヒー2
トルコ製のコーヒー メフメットエフェンディ社の100gパック



トルココーヒー3
トルコ式コーヒーを淹れる小鍋、ジェズベ



トルココーヒー4
デミタスカップ1杯にティースプーン山盛り2杯のコーヒーを入れる。そしてカップ1杯分の水と砂糖も入れる。今回5gのスティックシュガー1本でちょうどよかったです。



トルココーヒー5
一番の弱火にしてじっくり煮だすが、鍋が小さいので割とすぐ沸く。



トルココーヒー6
湧き出てくる泡は捨てずにすべてカップに入れる。一切かき混ぜない。



トルココーヒー7
泡が立たなくなったら、一度強火にして火を止め、ゆっくりとカップにコーヒーを注ぐ。トルココーヒーは、上澄み液を飲むんです。でも、デミタスカップくらいの小さいカップにティースプーン山盛り2杯のコーヒーなので、薄くもなく濃くもなくちょうどよい濃さでした。



トルココーヒー8
飲み終わったら、カップをソーサーに伏せ、しばらく置いておく。



トルココーヒー9
少し経ったら、カップに残った模様で占うらしいです。占い方までは分かりませんが。始めて淹れて飲んでみましたが、ちょっと面倒くさくて時間や心に余裕がある時にしか淹れる気にならないと思いました。ゆっくりトルコ式コーヒーを淹れる時間が持てる生活をしたいものです。