外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
記事中で紹介した『外国の品』の一部をおすそ分けいたします!
今までご紹介させていただいた『外国の品』の一部、特に布類やタペストリーなどを無料にて(送料だけご負担いただいた上で)お譲りいたします。詳細は、カテゴリー「おすそ分け」のページをご覧ください。

ヨーロッパのパンの色マップ

ヨーロッパのパンの色マップ

ヨーロッパが大好きで、若い頃からヨーロッパ諸国を旅したり仕事で行ってきた職場の上司から聞いた話です。

北は寒いので小麦が育たないぶんライ麦が豊富に収穫できるので、パンの原料はライ麦を使って作ることが多いから黒パンが多い。南へ行くほど小麦の収穫が豊富なので日本のパンのように白っぽくなり、南部では小麦自体が白ではなく黄色っぽいのでパンも黄色っぽいのが多いんだそうです。

確かに始めて行ったヨーロッパ、スロヴェニアでは、黒パンは見かけず日本と同じ白っぽいパンがほとんどでした。今年のGWに行ったエストニアは白いパンもあるにはありましたが、ほとんど黒パンが多かったです。

そして、今マイブームになったアルバニアはヨーロッパの南部に位置しているので、黄色っぽいパンが主流なのでしょうか。確かにアルバニアへ行った方のブログを読んでみると、レストランでスープと一緒に提供されたパンがカステラのように黄色かった、とありました。日本と同じような食パンがでたという方もありましたが。

黒パンもいいけど、黄色パンもいいなー。つい最近まで黒パンにぞっこんな私でしたが、黄色っぽい小麦で作られたパンにも興味津々。結局、パンが好きだってことですね。


関連記事

アルバニアのお土産屋さん

アルバニアのお土産屋さん

アルバニアの国旗(赤地に双頭の鷲)を全面にアピールしている観光者向けお土産屋さん! スロヴェニアにもタリン(エストニア)にもこんなお土産屋さんなかった。すごーい。こういうの意外と好きです。この国旗が国民の誇りなんでしょうね。

この国旗、怖いという印象の人もいるし、カッコいいという人もいる。私はどちらともいえないかな。双頭の鷲は、アルバニアの英雄スカンデルベグの象徴だそうで、首都のティラナには広〜いスカンデルべグ広場があるそうです。

アルバニアよ、なるべく早くグローバルな国家にな〜れ💖


関連記事

アルバニアの観光化

アルバニアの観光化2

アルバニアの観光化1

上の2つの画像はアルバニア世界遺産のジロカストラの石畳の街。昨年2017年GW当時の画像だそうです。まさに観光化を進めている状態。この写真を撮った人曰く、きちんと整備されたアルバニアを観光したければ、あと数年待ったほうが良い・・・と。

2017年5月時点のことだから、やはり来年か再来年かな~。鉄道も無し、バス停もバスの時刻表もあったりなかったりな現在。一人旅するにはあと2年は待つべきかな、と思う。それまでにしっかりアルバニアのことを知っておかなければいけないでしょう。と、今はアルバニアへ行くことをほんとに考えている・・・私がいます。


関連記事

憧れの黒パンとはほど遠いよ~

憧れの黒パンとはほど遠い1

タリンで泊まったホテルの朝食の黒パン。ホテル近くのスーパーで買った黒パン。あの黒パンが恋しくて探し続けていますが、なかなか見つかりません。自宅の近所に新しくできたスーパーで見つけた黒っぽいライ麦パン。



憧れの黒パンとはほど遠い2

切ってみたら、やっぱりけっこう黒い。クルミも入っていて香ばしい。だけど、なんだかイマイチ。噛みしめてもおいしさを感じない。



憧れの黒パンとはほど遠い3

と思って、袋の原材料をみたら、なんとこの黒さの原料はココアパウダーではありませんか!もうがっかりです。ココアパウダーを入れてまで黒さを演出するな!!!と言いたいくらいです。もう少しネットで黒パンを探してみま~す❣


関連記事

イタリア製 Tonon社のエスプレッソクリームクッキー

イタリア Tonon社製エスプレッソクリームクッキー1

イタリアのお菓子ははずれがないので、あまり考えることなくつい買ってしまいます。最近甘いものの食べ過ぎで、健康診断の結果の一部にあまりよろしくない数値がでてしまったので、気を付けているんですが。このパッケージからしておいしそう。



イタリア Tonon社製エスプレッソクリームクッキー2

でも、イタリア製でも個包装はあまりないですね。個包装だったら、外側の袋を開閉してもしばらくは食べなくてもいいけど、ですよね。勤務先に持って行ってみんなに食べてもらったりしています、最近。



イタリア Tonon社製エスプレッソクリームクッキー3

箱のイラストのようにとろ~っとしているクリームではないですが、やはりイタリア製、美味し~。あ~食べ過ぎに今度こそ気を付けなくちゃ。エスプレッソ・ストロングとなっていますが、そんなにストロングではないです。ちょっとビターかなってくらいです。クッキーの部分も見た目よりサクサクしています。


関連記事