FC2ブログ

外国の品が好き❤

外国製の雑貨・民芸品・スイーツなどを紹介しています。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
記事中で紹介した『外国の品』の一部をおすそ分けいたします!
今までご紹介させていただいた『外国の品』の一部、特に布類やタペストリーなどを無料にて(送料だけご負担いただいた上で)お譲りいたします。詳細は、カテゴリー「おすそ分け」のページをご覧ください。

フランス産山羊乳のチーズを食べてみました!

フランス産山羊乳のチーズ1

成城石井にランチを買いに行きました。そしたらフランス製の山羊乳のチーズが目にとまり早速お買い求めです。

山羊乳のチーズといえば、先日行ってきたギリシャ料理レストランで食べたグリークサラダにのっていたフェタチーズが山羊乳か羊乳で塩漬けして作られたチーズでした。



フランス産山羊乳のチーズ3

二口サイズの大きさのものが6つ、綺麗に並んでます。



フランス産山羊乳のチーズ2

パッケージの裏に、サンドイッチ・ピザ・カナッペなどに使って食べて・・・と説明書きがありました。



フランス産山羊乳のチーズ4

砕いてプチトマトとドレッシングで和えてみました。フェタチーズより塩味がなく食べやすいです。イタリアンな感じがします。



フランス産山羊乳のチーズ5

また、先日ムーミンベーカリーで購入したフィンランドの黒パンにたっぷり塗ってみました。ちょっと塗りすぎてしまい、黒パンの風味が損なわれたかな。欲張らないで薄く塗ればけっこういけると思います。

この山羊乳のチーズは、カッテージチーズのスプレッドタイプに似ている気がします。カッテージチーズよりは濃厚です。ヨーロッパ風な食卓に合うおしゃれなチーズ?って感じかな。お試しあれ~。


関連記事

チェコ料理のランチを食べてきました!

チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました1

千代田線の代々木上原駅北口から2、3分のところにあるチェコ料理店セドミクラスキーへランチを食べに行ってきました。日曜・祝日はお休みだし、土曜日も毎週営業していないので、HPで営業日を確認して予約を入れて行ってきました。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました2

チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました3

姉妹お二人で営まれている小さなレストランです。少し照明を落とした店内は落ち着いた雰囲気があり、ゆっくりと食事を楽しむことができます。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました4

お店の名前「セドミクラスキー」とは、このポスターのチェコ映画の主人公が姉妹二人で、このお店も姉妹お二人で始めたことからこの名を付けたということです。セドミクラスキーとは「ひなぎく」という意味だそうです。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました5

本日のランチメニューを書いた黒板。もちろんこのランチセットをオーダー、それとデザートのケーキとカプチーノも追加オーダーしました。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました6

サラダはいたって普通のグリーンサラダでした。でも、ソフトサラミのようなソーセージは美味しかったです。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました7

メインディッシュのセゲディンスキーグラーシュとチェコのゆでパン「クネドリーキ」です。グラーシュというのは、シチューっぽい料理のことだそうですが、今日のグラーシュは豚肉とザワークラウト(酢漬けキャベツ)の煮込みでした。実は私、ザワークラウトは苦手で、しまった!と思いました。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました8

しかし、ザワークラウトは煮込んでしまうと酸っぱさは全く無くなり、とろ~っとした美味しさに変っていました。豚肉も柔らかく煮込んであり、クネドリーキをナイフで切りグラーシュをしみこませて頂くと・・・あ~おいしいーーー。

一瞬でこの料理のファンになりました。クネドリーキとグラーシュの相性がバツグンです。夢中で食べてしまいました。最後はクネドリーキでお皿を拭くように何一つ残さずいただきました。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました10

そしてケーキはHPでチェックしていたチェコのはちみつとくるみのケーキ「メドヴニーク」をチョイス。予約時には、このケーキはもしかしたらないかもしれないと言われていたので、あるとわかった時はすごくうれしかった。このお皿はポーランド製のポーリッシュポタリーでした。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました11

はちみつ入りの生地にキャラメルクリームをはさんで重ね、砕いたくるみで包んだ手間暇かかるケーキです。



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました12

生クリームをちょっとずつ付けて・・・



チェコ料理店セードミクラスキーでランチをしてきました9

カプチーノと一緒にいただいたケーキは最高でした。カップはチェコスロバキア時代のものでした。なんかほんとにチェコに行って一人でレストランに入り食事をしているような感覚になりました。リピートしたいなー。


関連記事

タリン土産のクッションカバーにヌードクッションを入れました!

タリン土産のクッションカバーにクッションを入れました2

タリン土産のクッションカバーにクッションを入れました1

タリン旅行の自分へのお土産、クッションカバー。たしか40ユーロだったような。けっこう高いな~と思いながらも1枚だけでも欲しいと買ったのでした。

イオンで買い物中にヌードクッションが目にとまって、今ごろになってそういえばまだクッションを入れてなかったと思い出し、450円のヌードクッションを買い求め、パソコン作業用のイスの背もたれ用クッションとして使うことにしました。タリン旅行・・・楽しかったな。


関連記事

フィンランド製ムーミン ミルクチョコレート

フィンランド製ムーミン・ミルクチョコレート1

先日、後楽園ラクーアのムーミンベーカリーに黒パンを買いに行ったときに、ついでに買ってきた本場フィンランドのムーミンミルクチョコレートです。MOOMIN じゃなくて MUUMI なんですね。フィンランド語のようです。

グルテンフリーだとか、エッグフリーだとか、余計な添加物が入ってないとか書いてあって、さすがヨーロッパはアレルギーや健康にこだわっています。化粧品もそうですが、ヨーロッパは動物実験をした原料は使わないなど、生態環境や地球にやさしい国が多いと聞きます。



フィンランド製ムーミン・ミルクチョコレート2

ムーミン、ムーミンパパ、ムーミンママ、そのほかはあまり知りませんが、チョコ自体は日本のミルクチョコレートよりも甘さを抑えてあってカカオ感が割としっかりしたチョコらしいチョコです。

後楽園ラクーアのムーミンベーカリーは、パン以外に雑貨やちょっとしたお菓子が置いてありますが、ほとんど日本で作られたものが多くて、あまりフィンランド製のものは見つけられませんでした。というか品数も極めて少ないです。

パンもスニフという黒パンともう一種類のパン以外は全て日本で考案されたものばかりのようでした。まさに日本のムーミンショップです。タリン旅行の乗り継ぎ地ヘルシンキ空港のムーミンショップに寄れなかった(乗り継ぎ時間が短い短フライトで、しかもゲートが遠かったため)のが今更ながらに残念です。


関連記事

チリ産イスラ・ナチュラルピュアハニーです!

チリ産イスラ・ナチュラルピュアハニー1

前回の初台湾ものに続いて、今回は初チリ産ものです。はちみつは今までいろんな国のものを試してきましたが、チリ産って珍しいと勝手に思って買ってみました。なんてね・・・



チリ産イスラ・ナチュラルピュアハニー2

ティアカ・メリ・カネロというチリ原産森林花を蜜源とするハチミツだそうです。イスラナチュラというメーカーのものかな。



チリ産イスラ・ナチュラルピュアハニー3

フタを開けたらこんな感じになっていて、よく混ぜて食べてくださいと書いてあるので・・・



チリ産イスラ・ナチュラルピュアハニー4

容器の底からグイっと良くかき混ぜたら、すっごい濃厚そうなとろ~んとしたオレンジ色っぽいハチミツになりました。



チリ産イスラ・ナチュラルピュアハニー5

パンにたっぷり塗って食べてみました。少しシャリっとした舌ざわりがする、甘~い濃~い、でもそんなにしつこくない食べ易いハチミツだと思いました。カルディ―で買いました。ハチミツの好きな方、どうぞお試しください。